ヴァレリー アファナシエフは、ロシアのピアニストである。1947年9月8日生まれのモスクワ出身で、1974年にベルギーへ政治亡命を決行し、ベルギー国籍を取得している。モスクワ音楽院を経て、1969年にライプツィヒで開催されたバッハ国際コンクールや、1972年にブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝を果たしており、後者の時には「まるでクリスタルのような美しい音色を輝かせていた」と伝説のように語り継がれていることは有名である。また、ピアノ演奏だけではなく小説やエッセイなどを手掛ける文学者としての顔も持っており、日本をはじめフランスやドイツ、ロシアなどで書籍が出版されている。

ヴァレリー アファナシエフの日程

18人が登録中

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヴァレリー アファナシエフのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/19 00:00更新)

ヴァレリー アファナシエフについて

ヴァレリー アファナシエフの魅力とは

ヴァレリー アファナシエフは、小説やエッセイなどを手掛ける文学者としての顔も持つ、ロシア出身のピアニストである。モスクワ音楽院では、ヤーコブ・ザークならびにエミール・ギレリスに師事しており、1969年のバッハ国際コンクール、1972年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝を果たし、注目を浴びている。ソ連国内での演奏ツアーを行うなどの活動を行なっていたが、1974年にベルギーでの演奏ツアーの際に、ベルギーへ政治亡命しており、現在でもベルギーの首都ブリュッセルに拠点を構えている。それ以降は、ヨーロッパ各国をはじめアメリカなどでリサイタルを行っているほか、多くの著名オーケストラとも共演を重ねてきている。日本には1983年に初来日しており、それからおよそ4年後の1987年に東京で開催された音楽祭でソロ・リサイタルを行い、多くの日本のファンを獲得した。以来複数回に渡って来日公演を開催しており、その度にファンを獲得し続けている。また、音楽家としての活動だけではなく、文学者としての顔を持っており、小説やエッセイの執筆を行うなどの活動も有名であり、文学者として吉本ばななと対談するなど、大きな話題となった。

ヴァレリー アファナシエフが好きな方はこんなチケットもおすすめ