バレンシアの熱い花」は、宝塚歌劇が上演するミュージカル作品。脚本は柴田侑宏。1976年に榛名由梨を中心とした月組によって上演され好評を博し、2007年には大和悠河のトップお披露目公演として宙組で再演されている。9年ぶりとなる2016年11月に主演朝夏まなととして全国ツアーで再演されることが決定した。併演は藤井大介 作・演出のダイナミックショー「HOT EYES!!」。男役としての深みを増してゆく朝夏まなとが「バレンシアの熱い花」をどのように演じるのか今から期待が高まっている。

バレンシアの熱い花の日程

1,657人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 バレンシアの熱い花のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 06:00更新)

「バレンシアの熱い花」について

「バレンシアの熱い花」の魅力とは

「バレンシアの熱い花」は、宝塚歌劇が上演するミュージカル作品。脚本は柴田侑宏。1976年に榛名由梨を中心とした月組によって上演され好評を博し、2007年には大和悠河のトップお披露目公演として宙組で再演されている。9年ぶりとなる2016年11月に主演朝夏まなととして全国ツアーで再演されることが決定した。

19世紀初頭のスペイン、バレンシア地方。フランスの息のかかった領主ルカノールは横暴を繰り返していた。
前領主の嫡子フェルナンドは、父を暗殺したのがルカノールであると知り、復讐のため退役軍人レオン将軍の策に従い軍から退き遊び人を装う。
また、ロドリーゴも恋人シルヴィアを叔父に強奪され、専横を極める叔父に面と向かって逆らうこともできず、殺意を抱くほどルカノールを憎んでいた。
共通の敵を有する二人は協力してルカノールを倒すことを誓う。彼らは「黒い天使」を名乗り、夜な夜な悪党を倒していく。
そんな中、ついにレオン将軍率いる義勇軍が決起し、ついにルカノールとの決戦の日が来た…。

領主であった父を殺された青年が、仲間と共に復讐を果たす姿を描きだした作品。男役としての深みを増してゆく朝夏まなとが「バレンシアの熱い花」をどのように演じるのか今から期待が高まっている。

バレンシアの熱い花が好きな方はこんなチケットもおすすめ