VACAR ENTERTAINMENTとは舞台作品やイベントの企画・製作から役者のマネジメントまで行っている演劇に特化した制作会社。演劇に並々ならぬ力と情熱を注ぐ会社であり、金が無くても自分達の手で最高の物を作る、と全力で制作に携わっている演劇集団である。会社が企画・制作を行う自主企画はもちろん、他制作会社の協力も行い多ジャンルな作品を手掛けることに成功している。中には圧倒的女性人気を見せている人気ブランド「オトメライブ」の作品も手掛けており、エンターテインメント性溢れる作品から本格的な舞台作品まで数多く手掛けている。中途半端な作品の存在は認めない、それがこの団体の方針であり喜怒哀楽の感情を常にフル稼働させることに全力を注いでいる。

VACAR ENTERTAINMENTの日程

21人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

レイと天使の住む数字のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 12:00更新)

VACAR ENTERTAINMENTについて

VACAR ENTERTAINMENTの魅力とは

VACAR ENTERTAINMENTは「演劇は世界を救う」をテーマに掲げ、世界一、楽しく、面白く、泣ける公演を作っている。社名はまさに「馬鹿」から見出されたもので、ただ何も考えないバカではなく演劇にのめり込む演劇馬鹿という意味でも付けられている。所属している役者は舞台出演はもちろん年々他の場面でも活躍を増やし、小林照平、重清もも子、坪井未来など未来のスターの育成の場ともなっている。舞台監督そして脚本・演出家として鄭光誠も所属しており、自社作品をはじめ多くの作品を手掛けている。これまで多くの作品を手掛けてきており、中でも鄭光誠脚本・演出「チェンジオブワールド」はこれまで幾度と公演されている人気作品だ。毎年趣向を凝らした企画を行っているほか、演劇集団として未来のスター役者の育成にも全力を注ぐ演劇団体である。

演劇の魅力を最大限発揮させることに全力を注ぎ、人間の持つ全ての感情をフル回転させフルに発揮させる。それがVACAR ENTERTAINMENTが作る演劇であり舞台の魅力と言える。全力投球することが会社の方針であり、これまで多くの作品を世に放ってきたこそが実力と功績の証だ。ずばりモットーは「あり得ないがアリエナイ」であり、常識をぶち壊す勢いと実力で数々の作品を作り出す。

VACAR ENTERTAINMENTが好きな方はこんなチケットもおすすめ