2016/17 V・チャレンジマッチ取扱中!Vチャレンジマッチとは、日本バレーボールリーグ機構により主催されている、1部(プレミアリーグ)下位チームと2部(チャレンジリーグ)上位チームが対戦し来シーズンのプレミアリーグ出場を決定する入替戦のことである。なので1部(プレミアリーグ)下位チームは降格を阻止するために、2部(チャレンジリーグ)上位チームは昇格するためにばちばちな試合を見ることができる。1967年5月から8月にかけ第1回日本リーグが開催。翌年2月に第2回日本リーグの出場チームを決めるため、「第2回日本リーグ出場チーム選考大会」(兼全日本実業団男女優勝大会)がおこなわれ、Vチャレンジマッチは入替戦の原形となった。

2016/17 V・チャレンジマッチ

126人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Vチャレンジマッチのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/28 06:00更新)

Vチャレンジマッチ について

Vチャレンジマッチ の魅力とは

Vチャレンジマッチの勝敗のつけ方は勝率・セット率・得点率の順で比較するのだが、入替戦史上初めての得点率勝負となったのは、1975年5月に行われたサントリー(実業団リーグ2位)と住友軽金属(日本リーグ5位)の試合である。サイドアウト制(サーブ権が移動することを言い、サーブ権を持ったチームがサーブ後のラリーに勝った場合にのみポイントが得られるゲーム方式)において得失点差が最小であったのが、1981年4月に行われた電電神戸(実業団リーグ2位)と三洋電機(日本リーグ7位)の試合である。2試合ともフルセットにもつれこむ攻防戦であったが、得失点差1点でわずかに電電神戸が勝利を収めた。ラリーポイント制(サービス権のあるなしにかかわらず、ラリーに勝ったチームが得点する方式)となった1999年度以降で得失点差が最小であったのは、2013年4月に行われた日立リヴァーレ(チャレンジリーグ2位)とデンソー・エアリービーズ(プレミアリーグ7位)の試合で、得失点差は2点であった。なお2014年以降は、得点率まで同じであったケースは発生していない。勝利の決め方は対戦カードを組み合わせ2試合行い、その結果勝率の高いチームを勝利チームとする。

Vチャレンジマッチが好きな方はこんなチケットもおすすめ