1970年代中期から1980年初頭にかけて日本を席巻したバンドと言えば「キャロル」と「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」であろう。宇崎竜童は「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」のヴォーカリストとしてデビューした日本のロック歌手、作曲家、俳優、映画監督である。1974年にリリースした「スモーキン・ブギ」がヒット、つなぎ姿と相まってお茶の間に衝撃を与えた。さらに「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット。この曲中内におけるセリフの「あんたあの娘のなんなのさ」は日本中で大流行となり一世を風靡、この曲がもとで映画も制作されるほどの流行りとなった。また同時期から山口百恵らに作曲家として曲を提供、バンド解散後はさらに映画・舞台音楽やドラマ出演、映画監督など多方面で活躍する。

宇崎竜童の日程

34人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宇崎竜童のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

宇崎竜童のライブについて

宇崎竜童のライブの魅力とは

宇崎竜童はもともと品行方正、性格も至って真面目である。バンドとして売り出すキャラクターづくりのためにリーゼントにしたが、酒も口にしなければ不良少年だった経験もない。そんな彼だからこそ音楽にも真摯に真面目に取り組む。真面目が祟って難聴になるまで仕事に没頭した。昨今はライブでもブルースを唄う機会が多い宇崎竜童。彼のチケットを手にすればその懐の深さに包まれ、日本の音楽の良さを再体験できる。手にしない理由がないチケットである。

宇崎竜童が好きな方はこんなチケットもおすすめ