宇都宮(うつのみや)花火大会は、栃木県宇都宮市で開催される花火大会だ。本大会は一度休止に追い込まれるも、2007年に地元ボランティアによって復活を遂げた歴史を持っている。今年は10周年を迎え「笑顔」をテーマとして花火が打ち上げられる。打ち上げ数は約2万発を予定しており、宇都宮名物である「宇都宮カクテル」や宇都宮市の別称「雷都」から発想を得た花火など、様々な花火が夏の空に打ち上がる。また園児の描いた花火が飾られる「はなびの絵展覧会」で展示された作品が、実際の花火となって打ち上がるというのも非常にユニークだろう。さらにフィナーレを飾る連続の大玉スターマインは迫力満点だ。この夏は宇都宮花火大会の有料席で、圧巻のパフォーマンスをご覧あれ。

宇都宮(うつのみや)花火大会の日程

13人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宇都宮花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宇都宮花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

宇都宮花火大会について

宇都宮花火大会の魅力とは

宇都宮(うつのみや)花火大会は、栃木県内でトップクラスの人気を誇る花火大会だ。栃木県宇都宮市で開催され、打ち上げられる花火の数は約20,000発にも及ぶ。この花火大会の源流は、1984年に行われた「祝’84とちぎ博きぬ川大花火大会」であった。当時は地元企業が中心となって開催していたが、その後地元経済の冷え込みにより中止に追い込まれる。そして中止から4年が経った2007年に、ボランティアによって復活を遂げることとなる。
そのため現在は「この花火大会が100年先も続くように」というコンセプトを持ち、地元ボランティアを中心に開催されている。このように実行委員会からスタッフまで、すべてがボランティアによって運営されているのは全国でも本大会のみと言われている。

また、保育園・幼稚園児による「はなびの絵展覧会」も特徴の1つである。この展覧会に寄せられた約3000点の作品の中から、抽選で6作品が実際の花火として打ち上がるという試みは、本大会ならではだと言えるだろう。
地元に密着し、人々に夢を与え続ける「宇都宮花火大会」はきっと心に安らぎと感動を与えてくれるに違いない。

宇都宮(うつのみや)花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ