宇徳敬子 Winter Acoustic Live 2017取扱中!宇徳敬子は、1990年に「おどるポンポコリン」でデビューしたBBクィーンズのコーラス隊として音楽活動を開始したアーティストである。翌年にはBBクィーンズのコーラス隊3人から成るアイドルユニットMi-Keを結成。シングル「想い出の九十九里浜」が大ヒットし、BBクィーンズ時代と合わせて3年連続NHK紅白歌合戦出場を果たす。1993年には、シングル「あなたの夢の中 そっと忍び込みたい」でソロとしてデビュー。大半の楽曲を作詞作曲した1stアルバム「砂時計」はオリコンチャート1位を記録した。その後、楽曲制作やスタジオワークを中心に活動を続け、2010年にようやく初ワンマンライブを開催。その後は、毎年精力的にコンサートを開催しており、魅力的な歌声とチャーミングなルックスでファンを魅了している。

宇徳敬子 Winter Acoustic Live 2017

22人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宇徳敬子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宇徳敬子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 06:00更新)

宇徳敬子について

宇徳敬子の魅力とは

宇徳敬子は、1990年に「おどるポンポコリン」の大ヒットにより国民的グループとなったBBクィーンズのコーラス隊として注目を集めたアーティストである。1991年からはアイドルユニットMi-Keのリードボーカルとして、グルーサウンズやサーフィンなどのリバイバル・カバー曲「想い出の九十九里浜」「涙のバケーション」「サーフィン・JAPAN」などをヒットさせ、一世を風靡。

Mi-Keの活動休止後は、ソロシンガーソングライターとして活動を開始。1994年には自身の作詞作曲した楽曲「どこまでもずっと」が、TBS系「COUNT DOWN TV」のオープニングテーマに起用されるなど、大きな話題となった。また、その歌唱力を活かし、有名ミュージシャンの楽曲のバックコーラスに数多く参加している。

2010年に初のワンマンライブを成功させて以来、コンサート「WOMAN」シリーズをはじめ、「クリスタル&ダイヤモンド」シリーズを開催し、大好評を得ている。2017年12月にはピアノ、アコースティックギター、パーカッションの編成による「Winter Acoustic Live 2017」が開催される。オーガニックスタイルによる宇徳敬子の艶やかな歌声に酔いしれてみたい。

宇徳敬子が好きな方はこんなチケットもおすすめ