宝塚歌劇 星組 うたかたの恋 Bouquet de TAKARAZUKA取扱中!うたかたの恋とはフランス人作家クロード・アネが執筆した小説、およびそれを原作に1983年に初演が迎えられる宝塚歌劇団による舞台公演。19世紀のオーストリアを舞台に若き男女の恋と悲劇を描いた物語。周りから祝福されることのない恋に生き、抗い、最終的に死を選んでしまった熱く儚い恋模様を描き宝塚歌劇団の代表作の1つともなる。初演以来幾度と本劇団にて公演され、2018年には星組により再び公演される。宝塚歌劇団が最も得意とする愛と情熱を描いたミュージカル作品として、王道であり壮大な世界が彩られる。主役の2人にはルドルフ役に紅ゆずる、マリー役には綺咲愛里がキャスティングされ劇団並びに星組の代表作ともなる1作となる。

宝塚歌劇 星組 うたかたの恋 Bouquet de TAKARAZUKA

238人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 うたかたの恋のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 12:00更新)

うたかたの恋について

うたかたの恋の魅力とは

うたかたの恋とは若い2人の儚い恋模様を描いたクロード・アネによる恋愛小説。オーストリア皇太子であるルドルフと彼に恋心を抱く少女マリーの若く純粋な恋を描き、同時に悲劇へと向かう感動作品。舞台となるのは1888年のオーストリア、偶然の出会いからすぐに惹かれ合うことになる2人の若者。しかしそんな2人の仲を許さない周りの人間。その想いは次第に陰謀にまで発展していく。純粋な想いに突き動かされる2人と、その純粋さを打ち砕く人間達。そんなドラマチックな物語を宝塚歌劇団によりミュージカル作品として再現、公演されており、初演となる1983年以降人気作品として幾度と公演されている。
第1回公演は雪組により麻美れい、遥くららのコンビで公演。続く2000年の第2回目には宙組により和央ようか、花總まり、その後2006年、2013年と公演されてきた。脚本・演出は第1回公演から柴田侑宏が続けて担当しており、2013年からは演出を中村暁が担当している。本作は舞台となるオーストリアで実際に起きた実話として描かれており、儚いラブストーリーとして楽しみながら実話の悲劇としても注目を集めている。
100年以上も昔の2人の男女、その実際の悲劇を感じながら宝塚歌劇団によるミュージカルとして歴史と記憶に残していく。

うたかたの恋が好きな方はこんなチケットもおすすめ