牛田智大は、若手クラシックピアニストである。1999年10月16日に福島県いわき市で生まれ、すぐに父親の仕事の関係で上海に転居しているが、小学校入学時には帰国し、愛知県名古屋市で育っている。2008年1月には、8歳にして第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAにおいて小学1.2年生部門でアジア大会金賞第1位を獲得すると、2012年の第13回開催まで史上初の5年連続1位を獲得したことで、各所から高い評価と注目を得ている。2012年3月には、史上最年少の12歳でデビューアルバム「愛の夢」を発表し、絶大な人気を博すようになっており、これまでに合計5つのアルバム作品を発表している。才能溢れる若きピアニストである。

牛田智大の日程

116人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

愛知県芸術劇場他5会場

日立システムズホール仙台

サントリーホール他2会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

牛田智大のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/17 12:00更新)

牛田智大について

牛田智大の魅力とは

牛田智大は、史上最年少の12歳でデビューアルバムを発表したクラシックのピアニストである。1歳の頃から電子ピアノに触れて育ち、3歳の時から本格的にピアノをはじめた。幼稚園の時には、ピアニストになることを決めており、父親からの反対も説得した。2008年1月に開催された第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAでは、当時8歳にして小学1.2年生部門のアジア大会金賞第1位を獲得している。翌年以降も同大会では、2009年にはコンチェルトA(15歳以下)部門で大会部門史上最年少でアジア大会金賞第1位を獲得、2010年は小学3.4年生部門のアジア大会金賞第1位を、2011年はコンチェルトB(22歳以下)部門で大会部門史上最年少でアジア大会金賞第1位、2012年もコンチェルトC(年齢制限なし)部門の大会部門史上最年少でアジア大会金賞第1位を獲得し、史上初の5年連続1位を獲得している。また、2012年には、テレビドラマのメインテーマのピアノ演奏を担当するほか、国立新美術館で開催された「リヒテンシュタイン展」のテーマ曲を担当し、リヒテンシュタイン皇太子殿下の御前で演奏している。今後の活躍が楽しみなピアニストである。

牛田智大が好きな方はこんなチケットもおすすめ