内田光子とは、英国籍を持つ世界的なピアニストのことである。彼女独自の奏法としては譜面通りでなく、自分なりの解釈で譜面を読みこなしていくスタイルに定評がある。ロンドンやウィーンなどのクラシックの本場で感性を磨き、長い下積みを経て彼女が築き上げた音楽は、今日も聴く人の心を揺さぶっている。そんな彼女の人柄は、「口紅1本持っていない」というほどで、人生の全てをピアノにかけてきた彼女の全てがコンサートには詰まっている。しかし今や「世界のUchida」となった彼女のコンサートチケットは、入手困難を極めている。何としてでもチケットを入手して、彼女が持つ本物の才能を生で聞いてみてはいかがだろうか。

内田光子の日程

161人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

内田光子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

内田光子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

内田光子 とは

内田光子の魅力について

内田光子とは、ウィーン音楽院卒業の英国籍ピアニストのことである。

1948年12月20日に静岡県熱海市で生まれた彼女は御茶ノ水女大学附属小学校に進学した。在学中には音楽教育の名門校、桐朋学園が開く「子供のための音楽教室」に通い、音楽の基礎を学んだ。その後、外交官である父親の仕事の都合上12歳の時に渡欧し、多くの世界的な音楽家を輩出した「ウィーン音楽院」に通った。彼女が23歳になった1971年に、ロンドンでデビューしてからはしばらく鳴かず飛ばずの下積みが続いた。

そんな時代に終わりを告げたのがデビューから11年後に東京文化会館小ホールで行われた「ピアノ・ソナタ連続演奏会」であった。「ウチダの火曜日」と称賛を受けた公演を機に、一気に世界へ羽ばたくこととなった。1984年には世界的指揮者の小澤征爾の指揮のもと「異国の鳥たち」を披露して「世界のUchida」になった。

今や世界的に見ても最高権威と言われるほどの彼女の演奏は、ブーレーズやクルダークなどの多くのレパートリーに富んでいる。また、伝統や楽譜を尊重しながらも、譜面にとらわれない自由な奏法で世界中の人々を魅了し続けている。

内田光子が好きな方はこんなチケットもおすすめ