宇野実彩子は、AAAのメンバーとして活躍する歌手・女優である。2002年に挑んだ「エイベックスオーディション2002」では最終選考に残り、ボーカル部門でA2ランク5位、ダンス部門優勝という結果を残し見事合格。2005年にはAAAとして、シングル「BLOOD on FIRE」の女性リードボーカルとしてデビューを果たした。また翌年には宇野の演技力と英語力が買われ、ハリウッド映画「呪怨 パンデミック」の女子高生・ミユキ役に抜擢されている。2010年にはAAAとして「NHK紅白歌合戦」に初出演し、翌年には舞台「銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国編」に出演するなど、歌手としても女優としても活躍している。2016年9月には記念イベント「MISAKO UNO BIRTHDAY PARTY~9月まで待たせちゃうけど私の三十路を祝ってよ~」が予定されており、30歳の誕生日を一緒に祝える特別なイベントとなりそうだ。

宇野実彩子の日程

205人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宇野実彩子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 12:00更新)

宇野実彩子について

宇野実彩子の魅力とは

宇野実彩子(うのみさこ)は、1986年7月16日生まれの歌手・女優である。彼女は男女7人組パフォーマンスグループ、「AAA」(トリプル・エー)のリードボーカルとして活躍中だ。AAAのデビューシングル「BLOOD on FIRE」は瞬く間に大ヒットし、同年には「ベストヒット歌謡祭2005」新人賞、「第38回日本有線大賞」有線音楽賞、「第47回日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞している。

また、女優としてのドラマや映画での活躍もめざましい。ドラマでは「彼らの海8」(本田麻依 役)「連続テレビ小説 瞳」(遠藤恵子 役)「梅ちゃん先生〜結婚できない男と女スペシャル〜」(矢吹あかね 役)など作品に出演。映画デビューを果たした作品は、日本を恐怖に陥れた映画「呪怨」の、ハリウッド・リメイク作品「呪怨 パンデミック」だ。この作品では、アメリカンスクールに通う学生ミユキ役を好演し話題となった。2010年に公開された尾崎将也監督「ランデブー!」では、女優を目指す女の子・谷山めぐる役として主演を務めている。

彼女の美容に対する意識やライフスタイルは多くの女性から支持されおり、女性向け雑誌「JUNON」では連載を任されている。彼女はこれからも歌手や女優など幅広い活動で、ファンを魅了してくれるに違いない。

宇野実彩子が好きな方はこんなチケットもおすすめ