海野幹雄は日本で活躍するチェリストである。父は元N響コンサートマスター海野義雄、母は元都響首席チェリスト海野ユキ恵という音楽一家に生まれ幼い頃から母親からチェロの手ほどきを受けて育った。桐朋女子高等学校音楽科に入学し、桐朋学園大学アンサンブルディプロマコース修了。その後、洗足学園大学ソリストコースに進学した。在学中にはNHK交響楽団にエキストラ奏者として参加している。2008年にデビューし、日本演奏連盟主催によりリサイタルを開催。翌年には3度目となるテレビリサイタルを行った。海野幹雄は、映画「おくりびと」のサウンドトラックにも参加し、映画「シロナガスクジラに捧げるバレエ」では作曲家の新垣 隆と音楽を共同制作したことでも話題となった。

海野幹雄の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

海野幹雄について

海野幹雄の魅力とは

日本で活躍するチェリスト、海野幹雄。元N響コンサートマスター海野義雄を父に持ち、元都響首席チェリスト海野ユキ恵が母という音楽一家に生まれた海野幹雄は、幼い頃から母親からチェロの手ほどきを受け育つ。
桐朋女子高等学校音楽科に入学、桐朋学園大学アンサンブルディプロマコースを修了すると洗足学園大学ソリストコースに進学する。
在学中にNHK交響楽団にエキストラ奏者として参加した経験を持つ。
これまでにチェロを倉田澄子、堤 剛、木越洋、山崎伸子、ルートヴィヒ・クヴァントらに師事した。2008年にデビューし、日本演奏連盟主催によりリサイタルを開催。翌年には3度目となるテレビリサイタルを行っている。またこの年から毎年銀座王子ホールにてリサイタルを開催するようになり、「Salon de violoncello」と題した、サロンコンサートシリーズを横浜市イギリス館において行い好評を博している。演奏だけでなく指揮や編曲、出版などもこなし幅広く活躍。2008年の滝田洋二郎監督、本木雅弘主演で第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画「おくりびと」のサウンドトラックにも参加。また作曲家の新垣 隆とは桐朋学園大の先輩、後輩で映画「シロナガスクジラに捧げるバレエ」の音楽を共同制作したことでも話題となる。

海野幹雄が好きな方はこんなチケットもおすすめ