アンガールズは、山根良顕と田中卓志によるお笑いコンビ。学生時代サークルで知り合った2人は、2000年にそれぞれが上京。同年9月にコンビを結成、2002年1月に正式にアンガールズとしてデビューを果たした。2004年、「爆笑問題のバク天!」の出演がきっかけで人気になり、以後「エンタの神様」や「バク天!」のレギュラーなどで活躍。故やしきたかじんが「栄養失調みたいな体型」と言った程の痩せ型で長身のルックスのかぶる2人。芸風は切れのない、グダグダ感を前面に出し、ブレイクした「ジャンガジャンガ」という動作をショートコント合間に用いるのが特徴である。彼らの芸は、「脱力ネタ」とも呼ばれ、他の芸人にはない、彼ら独自の個性を持った世界観が人気となった。彼らの持ち味を前面に出し、テレビ、ラジオ、映画など幅広く活躍。今後も彼らから目が離せない。

アンガールズの日程

23人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンガールズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 12:00更新)

アンガールズについて

アンガールズの魅力とは

アンガールズは、コントを専門にした芸で活動するツッコミ担当の田中とボケ担当の2人によるお笑いコンビ。コンビ名の由来は、2人ともかなりの痩せ型でナヨナヨしていて女っぽいということから田中は「ガールズ」と名付けようとしていた。山根はこの名前には反対し、否定を意味する「アン(un)」を彼の案で付け、現在の名となった。「キモカワイイ」を売りにしている彼らが番組で登場すると客席から静かな悲鳴が上がることも少なくない。この客席の反応に対して田中が挑発したり、逆にいじけてみせたりして会場の笑いを誘っている。田中は「キモカワイイ」で「キモ」を担当。田中が登場して起こる反応はお決まりの客席反応となっている。ちなみに「カワイイ」は相方である。「ジャンガジャンガ」というこの動作はプロレスラー武藤敬司の「プロレスLOVEポーズ」を参考に作られている。芸ではロング・ショートコントを中心に行い、ショートコントのオチは、気まずい事柄のただ噛んだだけ、ただぶつかっただけなどで作られ、今までに見たことのない内容で展開。ロングコントは山根のボケに田中がしつこくツッコみ、最後の締めは山根のボケに耐え切れなくなった田中が怒って終わるという流れ。独特の存在感を醸し出しながら憎めないキャラで長く活躍し続ける彼らに今後も注目したい。

アンガールズが好きな方はこんなチケットもおすすめ