Underworld (アンダーワールド)は、イギリスのユニット。元々『フルール』というバンドで活動していたリックとカール。『フルール』は数枚のアルバムを発表するが、レコード会社から契約を打ち切られ解散を余儀なくされる。 1992年に、2人は『アンダーワールド』として活動を再開し、DJであるダレン・エマーソンを迎えてテクノミュージックに傾倒。クラブ色が強い音楽を次々と生み出し、「ボーンスリーピー」のヒットで一躍有名になる。後にダレン・エマーソンは脱退し、以降はデュオとして活動。様々なアーティストとセッションを行っている。映画への楽曲提供のほか、ロンドンオリンピック開会式の音楽監督、デザイン会社の設立など、音楽だけでない芸術分野でも活躍している。

Underworldの日程

551人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Underworldの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Underworldのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

Underworld (アンダーワールド) Live情報

Underworld (アンダーワールド)のライブの魅力を徹底解剖

アンダーワールドはテクノ感を全面に押し出し淡々と無機質に進むシーンから、幻想的で情感溢れる演出まで、エレクトロニカの持つ様々な局面を有効に引き出す。この多彩で美しさのある電子音が「アンダーワールド(地下世界)」から世に出たことで、その後のテクノやハウス、ダンスシーンは大きく変わった。

ライブ時のスクリーンやライトを巧みに使ったステージ演出は見もの。ゲストのボーカル次第で全体の雰囲気も変わるので、何度見ても飽きない。ぜひアンダーワールドのチケットを手に入れて、その場でしか聴けない生のプレイを見に行きたい。 アンダーワールドは、2011年にはイベント出演、2010年には単独公演を行っており、そのたびにチケットを買えなかったファンが最後の望みをかけて会場近くを歩き回ったりしていたようだ。今後のアンダーワールドの来日を楽しみに待とう。

ボーンスリーピーからはじまった伝説!アンダーワールドを徹底解剖

Underworldの歴史は、遥か30年前の第二次ブリティッシュ・インベイジョンへと遡る。ロックバンドに端を発し、テクノシーンの権化として君臨するまでに、そう時間はかからなかった。紆余曲折を経て、2012年ロンドン・オリンピック開会式の音楽監督を担当するまでに昇り詰めたUnderworld。ライヴはいつも斬新で、観る者に回顧など絶対にさせない。チケットを入手して、Underworldとは何者なのか、その目で確かめてみよう。

ビジュアルやライティングは勿論の事、生身のパフォーマンスも重視するUnderworldのライヴは五感を刺激する。ベテランならではの安定感と、実験的試みの危うさの両立。時代の先駆者のライヴはこうでなくてはいけない。映画のサウンドトラックにも進出しているUnderworldは既にUnderworldの住民ではないが、次に何をしでかすのか予測不可能、なところがUnderworldの魅力だ。

リックとダレン、2人のDJが熟練の技を紡ぎ出す中を、カールのヴォーカルが宙に舞う。そのうち手の届かない高みへと昇ってしまうかもしれないUnderworldのチケットを手にするなら今しかない。

Underworldが好きな方はこんなチケットもおすすめ