アンダーグラフは、1999年に結成された3人組のロックバンドである。2004年9月、シングル「ツバサ」でメジャーデビュー。大ヒットを記録し、世代を超えて支持される名曲となった。2005年、初めてのワンマンツアー「僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする」を開催。チケットはすぐに完売した。以後は、楽曲制作、ライブに精力的に活動する。2014年9月、メジャーデビュー10周年記念ライブを開催すると大好評で終えた。そんな彼らが2017年8月、「D.W.ニコルズpresents サンキューマイフレンドTOUR」に出演、同年9月には「UNDER GRAPH LIVE TOUR 2017 僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2017」を開催する。今後もアンダーグラフに注目したい。

アンダーグラフの日程

54人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アンダーグラフの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンダーグラフのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 00:00更新)

アンダーグラフについて

アンダーグラフの魅力とは

1999年結成時は4人で活動していたアンダーグラフ。メンバーは、彼らの作詞・作曲を手掛けているヴォーカル・ギターの真戸原直人、ベースの中原一真、ドラムの谷口奈穂子の3人である。

真戸の書く歌詞はこだわりが強く、英語を使わずカタカナ表記をした社会的なメッセージ性の強い作品も特徴的だ。1993年、幼なじみだった真戸と元メンバーの阿佐がアコースティックユニット・エッセンシャルを結成するが、自然消滅。1998年、ドラムの谷口を加え大阪、神戸を中心にストリートライブをおこなう。1999年、初めてのワンマンライブを開催。同時に自主制作のシングル「願い/夜空の下」をリリース。関西で1,000枚、関東で500枚を売り上げ完売となり、以後ベースの中原一真が加わると精力的に活動をしていく。

また、社会活動にも力を入れている彼ら。2012年、ミャンマーに「世界の子供にワクチンを日本委員会」と共に訪れワクチンを彼らの「ジャパニーズロックファイター」の売り上げの一部を寄付するなどしている。

2017年4月、アルバム全曲ライブ「素晴らしき日常 Full corse at Tokyo」を開催。以降も同年9月、10月とライブ開催が続けてある。今後のアンダーグラフの活躍から目が離せない。今すぐ、チケットを手に入れよう。

アンダーグラフが好きな方はこんなチケットもおすすめ