梅原裕一郎は、静岡県出身の声優。2013年から活動開始、翌年「オレん家の風呂事情」で自身初となるレギュラーを獲得する。それからは順調に声優の道を躍進させ、アニメやゲームなどで数々の声優を務め上げていく。2016年には「第10回声優アワード」にて新人男優賞を獲得し、一躍人気声優へと這い上がっていく。声優とはいえまるでアイドルのような容姿を持つ梅原、ファンからは梅ちゃんなどの愛称で呼ばれている。その反面、低音ボイスが特徴的。その渋い声と爽やかな容姿から女性ファンは多く、フォトブックも発売している。自身が演じたキャラクターによる歌も披露しており、活躍の幅は広い。活躍をすればするほど演技の幅が広がる彼にはこの先さらなる躍進が期待できる。

梅原裕一郎の日程

493人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

クラブeX

幕張メッセ

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

梅原裕一郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 00:00更新)

梅原裕一郎について

梅原裕一郎の魅力とは

梅原裕一郎とは2013年にデビューを飾った声優。代表作には初レギュラーとなる「オレん家のフロ事情」、「美男高校地球防衛部LOVE!」、「ヤングブラック・ジャック」などがある。「ロード・オブ・ザ・リング」の大塚芳忠に憧れ声優の道を志す。静岡県出身、名古屋市育ち。ピアノやギターなどの音楽に精通しており、声優としての幅の広さを予期させる。

2014年に初となるレギュラーを獲得してからは実に多彩な活躍を見せており、多くのアニメや映画の吹き替え、舞台、テレビにも出演を果たすなど声優以上の活躍を見せている。声優として華々しい活躍を見せる一方で、その容姿には思わず女性ファンも唸りを上げるほどのものがある。あるところでは「イケメンすぎる声優」としての呼び声も高く、「声優グラビアマガジン」では表紙を飾っている。

イケメンで人気声優、文句の付けどころがない彼だが、実は弱点も存在する。実は極度の運動音痴であり、運動は非常に苦手なのだとか。自身のSNSでウィンタースポーツの経験がないことを語っており、さらに仕事のない日は家から全く出ることがないという。その反面、音楽や映画などのサブカルチャーには強い興味を持っている。かつての音楽経験や休日の映画漬けなど、そこからたくさんのものを吸収して今の活躍となっているのであろう。この先のさらなる活躍に期待したい。

梅原裕一郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ