ウルトラマンX(ウルトラマンエックス)は円谷プロダクションが制作する特撮テレビドラマ「ウルトラマン列伝」及び「新ウルトラマン列伝」内での番組内作品第6弾となる。それまでのウルトラマンは、ほとんどが自ら人間に変身しているか人間と一体化していた。ウルトラマンXは変身アイテム・エクスデバイザーに宿っており、主人公・大空大地とのバディ関係が描かれている。「つながる力」をテーマにサイバー感を前面に押し出したヒーロー・ウルトラマンXと特殊防衛チーム・Xio(ジオ)の活躍も見どころの一つだ。テレビシリーズ放映終了後、2016年3月には「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」が公開されている。

ウルトラマンの日程

91人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ウルトラマンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウルトラマンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

ウルトラマンX(ウルトラマンエックス)について

ウルトラマンX(ウルトラマンエックス)の魅力とは

ウルトラマンX(ウルトラマンエックス)は円谷プロダクションが制作する特撮テレビドラマ「ウルトラマン列伝」及び「新ウルトラマン列伝」内での番組内作品第6弾。キャッチコピーは「新たな物語が起動する」として2015年に放映された。

それまでのウルトラマンは、ほとんどが自ら人間に変身しているか人間と一体化していた。ウルトラマンXは変身アイテム・エクスデバイザーに宿っており、主人公・大空大地とのバディ関係が描かれている。「つながる力」をテーマにサイバー感を前面に押し出したヒーロー・ウルトラマンエックスと特殊防衛チーム・Xio(ジオ)の活躍も見どころの一つだ。

特殊防衛チーム・Xioは監督・田口清隆のこだわりで「プロの防衛隊らしさ」が追求されている。ストーリー制作も単に怪獣が出現したから出動するのではなく、怪獣を倒すために必要な戦略や目的を明確化することが重視されている。また、隊員たちの日常性も重視され、劇中での描写の有無に関係なく細かい部分まで設定が用意されており、存在に奥行きが出されている。

テレビシリーズ放映終了後、2016年3月には「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」が公開された。

ウルトラマンが好きな方はこんなチケットもおすすめ