2009年8月30日に、大阪の万博記念公園もみじ川芝生広場で開催された野外ライブ「ヤッサ」の最終公演をもって活動休止し、メンバーそれぞれがソロとしての活動を行っていたウルフルズが、4年半の活動休止期間を経て、ファンの熱い声援に応えて遂に復活を果たす。2014年2月25日にシングル「どうでもよすぎ」のリリースを皮切りに、これからアルバム「ONE MIND」のリリース、さらに6年半ぶりとなる全国ツアー、2009年の活動休止前の最終公演以来5年ぶりの野外コンサート「ヤッサ!」の開催など、ファンにとっては嬉しい今後のスケジュールが立て続けに発表され、本格的な再始動となる。そんな彼らの魅力は何と言ってもライブだ。ドラマやバラエティ番組でも活躍するトータス松本であるが、やはり彼はヴォーカリストとしてスポットライトの当たるステージ上での姿が一番映える。パフォーマーとして右に出るものがいない程の存在感を示すトータス松本を中心に、ファンキーなカッティングギターでサウンドを彩るミスタースマイルことウルフルケイスケ、極上のグルーヴを産み出すベースのジョンB、そして跳ねるドラミングでバンドのサウンドを支えるサンコンJr.からなるウルフルズは、やっぱり最強の4ピースロックバンドだ。

ウルフルズの日程

943人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウルフルズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/25 18:00更新)

ウルフルズについて

ウルフルズとは

ウルフルズ(ulfuls)とは、1988年から2009年まで活動し、その後2014年に再結成したロックバンドだ。1995年に発売されたシングル「ガッツだぜ!!」や、翌年1996年に発売されたシングル「バンザイ」などのヒットによって今や知らない人はいない国民的バンドとなった彼ら。ロックバンドとしながらも、歌謡曲のように馴染みやすく、キャッチーなサウンドが人々の心をつかんでいる。

彼らの音楽を一言で表すと、「感情(魂)のこもっているさま」という意味を持つ形容詞の「ソウルフル」になる。まさに「ウルフルズ」というバンド名の由来ともなった言葉だ。ボーカルのトータス松本が魂を燃やして歌い上げる作品は、今日も人々を激励しその背中を押し続けている。

聞けば元気が出る彼らのライブチケットはソールドアウト間違いなし。しかし最高にハイテンションで最高に楽しいライブは、万難を排してチケットをゲットしたいところ。2017年も、大阪万博記念公園で毎年恒例の野外ワンマンライブ「ヤッサ!」の開催が決定している。燃料満タンでエンジン全開で挑んでくる彼らのライブを、ぜひともお楽しみに。

ウルフルズが好きな方はこんなチケットもおすすめ