ウクライナ国立歌劇場管弦楽団は、東欧最古の都市キエフにあるウクライナ国立歌劇場の専属オーケストラだ。ウクライナ国立歌劇場は、ボリショイ、キーロフと並ぶ旧ソ連邦の三大国立歌劇場の一つとして知られ、歴史的にも重要な価値を持っている。1880年代には歌劇場にチャイコフスキーを招いて、オペラ「スペードの女王」「エフゲニー・オネーギン」を上演し、世界的にもその名を知られるようになった。1834年の創設されたウクライナ国立歌劇場管弦楽団は、歌劇場専属のバレエ団や合唱団とともに世界各地でクオリティの高い重厚な演奏を披露し、多くのファンを生んできた。2016年12月には、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団と同歌劇場のソリストたちによる特別演奏会が開催される。東欧音楽界の名門オーケストラによる迫力ある演奏を堪能していただきたい。

ウクライナ国立歌劇場管弦楽団の日程

19人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウクライナ国立歌劇場管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

ウクライナ国立歌劇場管弦楽団について

東欧クラシック界の名門オーケストラ、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団の魅力とは

180年を超える歴史と伝統を持つ東欧クラシック界の名門・ウクライナ国立歌劇場管弦楽団は、ウクライナの首都キエフにあるウクライナ国立歌劇場専属のオーケストラだ。
ウクライナ国立歌劇場は、旧ソ連邦時代にボリショイ、キーロフとともに三大オペラ劇場として親しまれ、数々の名演・舞台が披露された。同劇場を舞台に、チャイコフスキーをはじめリムスキー=コルサコフ、ラフマニノフ、グリエール、グラズノフ、ショスタコーヴィチなど錚々たる作曲家がオーケストラの指揮を執ってきた。
音楽大国と呼ばれるウクライナは、これまでセルゲイ・プロコフィエフ、ウラディミール・ホロヴィッツなど名だたる音楽家を生んできた。
ウクライナの最高峰のレベルを誇るウクライナ国立歌劇場管弦楽団は、オペラやバレエ公演の演奏を担当するほか、単独でのコンサートも行い、人気を呼んでいる。
2016年12月には、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団と歌劇場専属のソリスト4人が来日し、180人を擁する志おん混声合唱団とともにベートーヴェン不朽の名作「第九」を演奏する。激動の歴史の中で生まれ育まれてきた東ヨーロッパのクラッシック音楽の神髄を堪能してほしい。

ウクライナ国立歌劇場管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ