英国ロイヤル・バレエ団は、イギリスの王立バレエ団だ。実力とその規模は世界最高のレベルを誇るイギリスの名門バレエ団である。約100人のダンサーを擁するバレエ団であり、これまで数々のスターダンサーを輩出してきた。日本出身のダンサーも所属しており、過去にはKバレエカンパニーを主宰する熊川哲也も所属していたというのは有名だ。今回、3年ぶりの来日となる英国ロイヤル・バレエ団の日本公演が決定した。上演する演目は「ロミオとジュリエット」「ジゼル」の2つ。正統にしてドラマティックなこの名作が、英国ロイヤルバレエによってより魅力的な作品になるだろう。正統派の気品と演劇的伝統、輝くスター人で世界的人気を誇る英国ロイヤル・バレエ団日本公演は期待大!この機会は逃せない。

英国ロイヤルバレエの日程

318人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

英国ロイヤルバレエの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

英国ロイヤルバレエのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

英国ロイヤルバレエについて

英国ロイヤルバレエの魅力とは

今回、3年ぶりの来日となる、英国ロイヤル・バレエ団。フランスのパリ・オペラ座、ロシアのマリインスキー・バレエの2大バレエ団に加えて、世界三大バレエ団の一つと称される世界最大のバレエ団だ。英国ロイヤル・バレエ団は、これまでに数多くのスターを輩出し、過去にはKバレエカンパニーを率いる熊川哲也や、吉田都、などが所属していた。1961年以来、数回来日公演を行っており、イギリスのみならず、日本でも圧倒的な人気を誇る。英国ロイヤル・バレエ団は、国際的なバレエダンサーを目指す者にとって究極の目標と見なされているといっても過言ではないだろう。

前回の来日公演では「不思議の国のアリス」と「白鳥の湖」を上演し、その実力を証明した英国ロイヤル・バレエ団。2016年の公演では「ロミオとジュリエット」と「ジゼル」を上演する。絢爛な舞台とプロコフィエフの躍動する名曲に載せて舞う、ロイヤル・バレエ団のマクミラン版金字塔作品であるロミオとジュリエットと、正統にしてドラマティックでかつ、イギリスならではの詩情あふれる演出で、長年愛され続けてきたジゼルを、どのように表現してくれるのだろうか。英国ロイヤル・バレエ団の待望の来日公演は、チケットの応募も殺到すること間違いない。

英国ロイヤルバレエが好きな方はこんなチケットもおすすめ