上野まなは、バラエティ番組などでタレントとしても活躍をしているシンガー・ソングライター。内気な幼少期を過ごしていく中でイルカの調教師に憧れを持ち、その道を目指す。専門学校にまで通っていたものの、何か違うものを感じて目指していた調教師の道を諦める。様々な職業に就く中で21歳の時に歌に目覚め、ストリートライブをスタート。23歳で上京するとライブ活動を本格的に開始した。この頃からほぼすべての楽曲の作詞、作曲を手掛けており、セルフプロデュースのスタイルで活動している。2017年には「上野まな Birthday Special Live 2017」を開催。ジャズメンバーと奏でるまなワールド全開のスペシャルステージだ。

上野まなの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

上野まなについて

上野まなの魅力とは

ミュージシャンでありながらタレントとしても活躍している上野まな。姉は「the best of IN YA MELLOW TONE mix-by DJ SAORI」などをリリースするDJ SAORI、妹は「のだめカンタービレ」シリーズの野田恵役や「お父さんと伊藤さん」などで知られる上野樹里という芸能一家で育った。21歳の時に歌に目覚めてストリートライブをスタート。23歳で上京すると、本格的にライブ活動をはじめる。ほぼすべての楽曲を自分自身でプロデュースするスタイルで活動を行っている。ピアノをはじめ、ウクレレやタンバリンなどを使用した弾き語りも得意とし、ジャズを中心としてボサノバなどの要素を取り入れた音楽が特徴だ。

2011年に1stアルバムとなる「Fairies-フェアリーズ」をリリース。この中の楽曲「私になる明日」はFM-FUJIの「上野まなの愛せますRadio」オープニングで使用され、劇団ズッキュン娘のコラボ公演「グッバイ、マザー」の挿入歌に起用された。2014年にリリースした「Re:Morning」には自身が飼っているセキセイインコのココとソラの鳴き声を収録するなど、上野まなワールド全開の作品となっている。

上野まなが好きな方はこんなチケットもおすすめ