植松 努は株式会社植松電機の専務取締役である。子供の頃から宇宙に憧れ、大学で流体力学を学び名古屋で航空機設計を手がける会社に入社。1994年に北海道で父・植松 清が経営する植松電機に入社した後、北海道大学大学院の永田教授との出会いをきっかけに、ふたたび宇宙への憧れが胸によみがえり、宇宙開発を軸に研究開発を進めていった。本業のマグネット作りの傍ら、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同でロケットの打ち上げ実験などを行っている。現在は、諦めずに夢を追いかけることで実現した自身の経験を基に、「諦めないこと、可能性を広げること」という植松 努イズムを企業研修や講演活動を行いながら全国に広めていっている。

植松努の日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

植松 努について

宇宙への憧れを胸に、諦めず夢を追いかけ続ける

植松 努は株式会社植松電機の専務取締役である。
子供の頃から宇宙に憧れ、大学で流体力学を学び名古屋で航空機設計を手がける会社に入社。1994年に北海道で父・植松 清が経営する植松電機に入社した。北海道に戻ってから10年後、カムイ式ロケットの研究を進めていた北海道大学大学院の永田教授との出会ったことで心の中に押しとどめていた宇宙への憧れに再び火がつくことになった。

それ以来、ロケットの開発や宇宙空間と同じ無重力状態を作り出す微少重力の実験など4つの宇宙開発を軸に研究開発を進めている。植松電機がNPO法人宇宙科学技術創成センターと共同で作った微少重力実験塔は世界に3つしか無く、そのうち民間企業が関わっているのは当然植松電機のものだけである。
その他にもJAXAと共同で実験を行っており、主な実績はカムイロケット打ち上げ実験での到達高度7,400メートル達成など。社員20人程度の一民間企業の人物が成し遂げた偉業に世間は驚き、以来企業研修や講演活動に全国から引っ張りだこである。

現在では本業の傍ら、全国を飛び回り子供たちに「可能性を広げること」の大切さを説いている。また、宇宙のことを楽しく学ぶためのスペースキャンプ作りなどの活動にも力を入れている。

植松努が好きな方はこんなチケットもおすすめ