上原理生は、2011年から活動しているミュージカル俳優。1986年10月29日生まれの埼玉県出身であり、所属事務所はオーチャードである。高校2年生の時に声楽をはじめ、東京藝術大学音楽学部声楽科に進学。2009年の卒業時には東京藝術大学同声会賞ならびにアカンサス賞を受賞している。大学在学中には既にオペラなどで舞台を踏んでいたが、2011年に上演された「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役をオーディションで掴み取りミュージカルデビューを果たしている。また、自身の歌唱力を活かして、シンガーとしても活動。コンサートの開催やCDリリースなど、多岐にわたる活躍を見せている注目のミュージカル俳優だ。

上原理生の日程

31人が登録中

すべての公演 出品中 (773) リクエスト中 (7)

もっと見る(92件) 閉じる

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

上原理生のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

上原理生について

上原理生の魅力とは

上原理生は、埼玉県出身のミュージカル俳優。幼少期から音楽が好きで高校生の時にはバンドを組もうとしていたが、音楽の先生のすすめにより声楽を始める。その後、東京藝術大学音楽学部声楽科に入学を果たすと、在学中から「ドン・ジョヴァンニ」や「ジャンニ・スキッキ」、「こうもり」などのオペラやオペレッタで頭角を現していたほか、ソプラノ歌手、鮫島有美子のバックコーラスとしても活躍していた。2009年には同大学を卒業しているが、卒業時には東京藝術大学同声会賞ならびにアカンサス賞を受賞するなどその素質を十分に評価されていたことがうかがえる。

2011年にの「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役をオーディションで射止めることに成功。晴れてミュージカル俳優としてデビューを飾っているが、その歌唱力は他を寄せ付けないほどのものであり、各メディアからも高い評価を受けている。以来、2012年と2014年、そして2016年の「ミス・サイゴン」でのジョン役や、2013年と2015年、2017年の「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役など、長きに渡って重要な役柄を演じ続けてきた。また、天性の歌唱力を活かしクラシックコンサートを開催し、ソロシンガーとしても活動。今後のさらなる活躍から目が離せない。

上原理生が好きな方はこんなチケットもおすすめ