植田圭輔は、1989年9月5日生まれ。大阪府出身の俳優、タレント。2006年に第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストに選ばれ、同コンテストの関西出身ファイナリストになった木ノ本嶺浩・木戸邑弥とのユニット「トリプルK」の一員だった。2007年に俳優としてデビューし、同年上演された舞台「少年陰陽師」では主役を務めた。甘いマスクと演技力で、舞台を中心に活躍。2015年12月には人気コミック「ヘタリア」をミュージカル化した「ヘタリア〜Singin' in the World〜」に出演、八田美咲を演じ人気を博した。2016年に入ってからも舞台で大活躍の植田圭輔。5月上演の「曇天に笑う」を始め、「戦国無双〜四国遠征の章〜」、「インフェルノ」と立て続けに出演する。また、7月に公演が決定した舞台「K」シリーズ第3作「K -Lost Small World」では、再び八田美咲を演じることになった。

植田圭輔の日程

40人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

植田圭輔の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

植田圭輔のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

植田圭輔の舞台について

植田圭輔の魅力とは

2006年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストだった植田圭輔は現在、舞台で大活躍を見せている。
2015年12月に上演された日丸屋秀和によるヒットコミック「ヘタリア」をミュージカル化した「ヘタリア~Singin' in the World~」では人気キャラクターの一人、八田美咲を見事に演じ大好評だった。

2016年7月に上演が決まった「K」シリーズ第3作「K - Lost Small World」は、八田美咲&伏見猿比古をフィーチャーしたスピンオフ作品。通称「ロスモア」の緻密でミステリアスな世界が再び八田美咲役・植田圭輔、伏見猿比古役・安西慎太郎のダブル主演で実現する。現実とは微妙に異なる現代日本を舞台にした能力者たちのバトル。八田美咲と伏見猿比古の出会いと決別が壁井ユカコの原作に沿ったストーリーで展開していく。二人だけのスモールワールドが意味するものとは。二人の運命は果たして…。
アニメファンには堪らない舞台になることは必至。
また、2016年9月には東京ドームシティシアターGロッソで原作・高殿円、マンガ・RURUによる「インフェルノ」が上演されることになった。コーザ・ファミリーの御曹司リッカ役を演じるのは植田圭輔。植田圭輔の舞台には今後も要注目だ。

植田圭輔が好きな方はこんなチケットもおすすめ