TV・オン・ザ・レディオは、ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するデヴィッド・シーテック(Pro、G)、トゥンデ・アデビンペ(Vo)、キップ・マローン (Vo、G)、ジャリール・バントン(Dr)、ジェラード・スミス(B、Key)で結成された5人組ロック・バンド。2011年、ベーシストのジェラード・スミスが肺がんにより死去し、その後休止期間を経て活動を再開。大絶賛を受けた2ndアルバム『Return to Cookie Mountain』はPitchforkで9.1点を獲得(年間ベスト第2位)し、SPIN誌では年間ベスト・アルバムに選出される。2005年Summersonic にて初来日を果たし、翌06年には恵比寿Liquidroomで単独公演も行った。2014年にリリースされた「Happy Idiot」のMVにはピーウィー・ハーマンことポール・ルーベンスが出演していることで話題となり、2014年12月に3年ぶり5枚目のアルバム『シーズ』を日本でリリース。2015年6月に大阪と東京で9年ぶりの単独来日公演を行うことが決定した。

TV on the Radioの日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

TV・オン・ザ・レディオについて

エッジーなロッカーを輩出してきたNYシーン復興の立役者TV・オン・ザ・レディオ。リリースごとに音楽マップを塗り替えるその革新的な創造性はまさに奇跡とまで言われている。バンクス、カサビアンらを擁するHarvest Recordsへの移籍第1弾アルバムとなった「シーズ」が日本のロックファンの間で話題となっており、このアルバムについてヴォーカルのトゥンデ・アデビンペはインタビューで「ここ数年間、僕たちはバンド活動を停止しかねない多くのことをくぐり抜けてきた。今こうやって再び団結して、お互いのユニークなコネクションを用いてアルバムを作ることができて嬉しく思う。だって今作は1000%間違いなく過去最高作品になっているから」と語るなど、メンバー自身も満足の自信作となっているようだ。

バンドの中心メンバーでもあるデイヴィッド・シーテックはビィーディー・アイ、ヤー・ヤー・ヤ ーズ、フォールズなどのプロデュースを手がけるなどプロデューサーとしても名を成しており、バンドの活動以外でもメンバーそれぞれが幅広い分野で活躍している。TV・オン・ザ・レディオの来日が決定し、ネット上でもファンの声が高まっている。貴重な来日公演のチケットはぜひともゲットしたい。

TV on the Radioが好きな方はこんなチケットもおすすめ