つまみは塩だけは、ラジオ大阪V-STATION15周年を記念して立ち上げられた大型番組である。パーソナリティは森久保祥太郎と浪川大輔である。番組の内容としては、1テーマで30分間トークを繰り広げていくスタイルで、番組公式のTwitterアカウントにてお題に関するコメントを募りパーソナリティの2人が盛り上げていくスタイルだ。番組のタイトル通り、コーナーを省きシンプルな番組作りを意識している。が、でもコーナーは存在している。ちなみにそのコーナーは「今週のティンちゃん」浪川の元マネージャーで、彼女の面白エピソードを紹介「今週のだいちゃん」浪川本人が面白エピソードを紹介。そして森久保演じるDJボーンと、浪川演じるMCワーンのSaityDogによる「寸劇」である。主にDJとMCのだらっとしたトークで構成去れる事が多いみたいだ。

つまみは塩だけの日程

96人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

つまみは塩だけの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

つまみは塩だけのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/24 18:00更新)

つまみは塩だけについて

つまみは塩だけの魅力とは

つまみは塩だけは、声優の森久保祥太郎と浪川大輔がパーソナリティを務めるラジオ番組である。構えず、カッコつけず広く愛されるおバカ番組を目指して、2人が奮闘する。

記念すべき1回目からインパクトが強く、まず森久保がインフルエンザで休み、ラジオ大阪だが公録は東京、最後に公録が最初で最後の予定だったと1回目からネタが盛りだくさんだ。

森久保祥太郎は声優、俳優、歌手などマルチな活動を行っている。声優を始める前はタレント事務所に所属し、再現映像やPVでの民衆役などこなしていた。歌手活動においてほとんどの曲の作詞作曲を手掛けている。声優としての代表作は「MAJOR(茂野吾郎)」「NARUTOーナルトー疾風伝(奈良シカマル)」「弱虫ペダル(巻島祐介)」。もう一人のパーソナリティ浪川大輔も声優、俳優、歌手などマルチな活動を行っている。幼い頃から劇団に入っていて、その頃から吹き替えや声優をこなしていた。一時は反抗期の為か仕事がおざなりになっていたが映画「ロミオ+ジュリエット」の吹き替えを通して改めて声優を志した。声優作品は「ルパン三世(石川五エ門)」吹き替え作品は、主にイライジャ・ウッド、ヘイデン・クリステンセンを多く演じている。

5年目に突入した「つまみは塩だけ」今後も要注目である。

つまみは塩だけが好きな方はこんなチケットもおすすめ