月亭方正は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の落語家であり、お笑いタレントである。1968年2月15日生まれで、兵庫県西宮市出身である。本名ならびに旧芸名は「山崎邦正」で、2013年1月より芸名を現在の「月亭方正」へ改名している。1987年にNSC大阪校へ6期生として入学し、同期の軌保博光(現在:てんつくマン)とGSX(ガスペケ)を結成し、翌1988年にデビューしている。さらに翌1989年には、東京進出をきっかけにコンビ名をTEAM-0に改名し、1993年までコンビとして活動し、以降からピン芸人として活動している。芸風は、ヘタレを売りにしたスベリ芸やいじられ芸がメインであったが、落語家としての創作落語も好評を得ている。

月亭方正の日程

45人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

月亭方正のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 06:00更新)

月亭方正について

月亭方正の魅力とは

月亭方正は、旧芸名山崎邦正として活動していた落語家兼お笑いタレントである。所属事務所は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーであり、NSC大阪校6期生である。1988年にお笑いコンビGSX(ガスペケ)でデビューし、コンビ名をTEAM-0に改名するなどを経て、1993年にコンビを解散している。ピン芸人になってからは、1998年に「NHK教育テレビ」で放送されていた子供向け教育番組「天才てれびくん」で、リサ・ステッグマイヤーと共に3代目の司会を務め人気を集めた。また、テレビ東京系で放送されたギャグ漫画アニメ「学級王ヤマザキ」では、主題歌「ヤマザキ一番!」を歌い、CDが発売されている。現在も放送されている日本テレビ系列のお笑いバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」ではレギュラーを務め、スベリ芸やいじられ芸といった新境地を開拓した。2008年から落語家としての活動をはじめ、2013年に芸名を正式に 月亭方正へ変更したが、今になっても浸透しておらず、落語の出だしでそのことを自虐調に話していることがある。まだまだヘタレを売りにしたお笑いタレントとしてのイメージが強いが、落語の腕前には定評があり、落語家としての今後の活動に注目が集まる。

月亭方正が好きな方はこんなチケットもおすすめ