8月で花火大会は終わりだと思っている人はいないだろうか。実は日本三大花火大会、また日本三大競技花火大会の一つに数えられる花火大会が10月に開催される。それが土浦全国花火競技大会である。その人気は凄まじく毎年おおよそ80万人の客が訪れる。歴史は古く1925年、神龍寺の住職が私財を使って航空戦死者を慰める意味ではじめたことがきっかけである。その後、第二次世界大戦での中断や住職の財産が無くなったためによる中止の検討など様々な困難を乗り越えてきた、さらには輸出振興を兼ねる大会としての位置づけとしたり打ち上げ場所を変更するなどの努力を重ねて日本の三大花火の一つと言われるまでに成長してきた。

土浦全国花火競技大会の日程

466人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

土浦全国花火競技大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

土浦全国花火競技大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 12:00更新)

土浦全国花火競技大会について

土浦全国花火競技大会の魅力とは

「土浦全国花火競技大会」は茨城県土浦市で開催される、国内最高峰の花火大会だ。秋に定期開催される数少ない花火大会であり、毎年約80万人が訪れるという。本大会は「土浦全国花火競技大会」「長岡まつり大花火大会」と並ぶ、日本三大花火大会として全国に名を馳せている。さらには「全国花火競技大会」「伊勢神宮奉納全国花火大会」と共に日本三大競技花火大会としても数えられており、このことからも最高峰と呼ばれる理由は明白だ。

大会の始まりは1925年(大正14年)に遡る。そして現在のように花火師たちが腕を競う競技形式になったのは、昭和に入った1946年からだと言われている。本大会の総合優勝者には栄誉ある「内閣総理大臣賞」が送られるため、「土浦全国花火競技大会」は全国の花火師の目標となっている。2時間半で20,000発が打ち上がるこの大会は「スターマインの部」「10号玉の部」「創造花火の部」の3部門で競われる。「スターマインの部」では色彩や打ち上げのリズム感などがポイントとなり、「10号玉の部」では高度な技術が必要となる多重心や星の配列などが総合的に評価される。そして「創造花火の部」では打ち上げのタイミングや変化、斬新なアイディアなどが競われる。

本大会には「土浦花火づくし」と呼ばれるワイドスターマインや、大輪の花が咲く「10号玉」、音楽に合わせて打ち上げられる「スターマイン」など、数え切れない程の見どころがある。大正時代から続くこの花火大会は、日本屈指の花火師たちによってこれからも人々に感動を届けてくれるだろう。

土浦全国花火競技大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ