「椿姫」はアレクサンドル・デュマ・フェスが1848年に実際の体験を描いた長編小説である。主人公のモデルはかつて作者が交際していたマリー・デュプレシという高級娼婦。1849年に作者自身の手で戯曲化され、1850年の上演にて大成功を収めた。現在も上演され続けている名作である。1853年にジュゼッペ・ヴェルディの手によってオペラ化された。初演は準備期間が短か過ぎたことにより大失敗に終わった。しかし翌年の再演では十分な準備期間が取れたために好評を得ることができた。以後、世界のオペラ劇場で上演回数の最も多い作品の一つとなった。原作小説や戯曲を基にした映画作は何度も制作され、さらにテレビドラマとして人気を博したこともある。

椿姫の日程

43人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

オペラ 椿姫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 06:00更新)

「椿姫」について

「椿姫」の魅力とは

歴史的作品であり世界の人々から愛され続けている人間ドラマ「椿姫」。このタイトルの由来は主人公が常に椿を身につけていたことにある。それを見ていた社交界の人々が付けた通り名が椿姫だったのだ。この作品は女性の愛の深さを試すような物語である。そのストーリーに現れるものは女性の意志の強さであり、男たちによる懺悔。

人を想う心は人それぞれである。愛の形も人の数だけあり、この物語はその内の一つを切実に描いている。娼婦の女とまともな男の恋は周囲からなかなか受け入れられない。特にこの物語の時代背景を考えると尚更だろう。その二人の恋が純愛であればあるだけ辛いものだ。すれ違ってしまう想いはお互いを傷つけて、最終的にわかり合えても彼女は死んでしまう。人々の間で長く語り継がれてきた恋物語はさまざまな媒体を通して人々に伝えられてきた。それだけ人々の心に真っ直ぐ届く物語と言える。名作であり演じる者の思い入れもかなりのもので、気迫に満ちた演技を見ることができるだろう。この物語の情動をしっかりと表現してくれるオペラは一見の価値ありだ。登場人物たちの想いに触れて一つの恋に落ちてみよう。

椿姫が好きな方はこんなチケットもおすすめ