大晦日 タイトルマッチとは、12月31日に行われるボクシングの世界戦だ。1年を締めくくる最後の試合として、国と名誉を賭けた熾烈な争いが繰り広げられる。タイトル王者と挑戦者の戦いは、手に汗握る展開となること間違いなしである。そして2016年は「IBF世界バンタム級タイトルマッチ」「IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」「WBA世界フライ級タイトルマッチ」と、ボクシング史上を揺るがす試合が3戦も控えている。最強王者・井岡一翔の防衛戦や、ジョナサン・グスマンに挑戦する小國以載、チャンピオンのリー・ハスキンスに立ち向かう大森将平の戦いに注目が集まる。今年の大晦日には、史上最大のバトルがあなたを待っている。

大晦日 タイトルマッチの日程

15人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

大晦日タイトルマッチの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大晦日タイトルマッチのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 00:00更新)

大晦日 タイトルマッチについて

大晦日 タイトルマッチの魅力とは

ボクシングにおける、世界の頂点を決めるのが「大晦日 タイトルマッチ」だ。選手の栄誉をかけて行われるこの世界大会では、白熱した限界バトルが繰り広げられる。大晦日は世界タイトルマッチラッシュと言っても過言ではなく、例年世界中から多くの強者たちが日本に集う。各国のプライドと意地がぶつかり合う戦いは、緊迫感溢れるものとなることだろう。

多くの激戦が繰り広げられたこの大会では、過去にも多くの名場面が生まれてきた。ボクシングの見どころの1つは高度なテクニックや、目にも止まらぬ速さで繰り出されるパンチだろう。また選手によって全く異なるファイトスタイルにも注目したいところだ。ダイナミックなKOシーンや必死の攻防戦も、ボクシングならではの醍醐味であろう。そしてダウンを取られても尚立ち上がる、不屈の精神は観る者の心を動かしていく。

2016年の大晦日トリプルタイトルマッチでは、「IBF世界バンタム級タイトルマッチ」「IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」「WBA世界フライ級タイトルマッチ」の3戦が行われる。2016年12月の試合で王者・井岡一翔と一戦を交えるのは、スタンプ・キャットニワットだ。彼は17歳の若さにして15戦全勝を誇る、屈強な挑戦者だと言えるだろう。そして「スーパーバンタム級」ジョナタン・グスマンは、抜群の攻撃力を誇るチャンピオンである。彼に果敢に挑むのは日本の小國以載で、この試合は見逃せない。さらには18戦17勝を誇る大森将平が挑戦者となる試合にも、大きな注目が集まっている。

虎視眈々と王者の座を狙う者は多く、チャンピオンは攻めの姿勢でそれを死守していく。最強の挑戦者が番狂わせを見せるか、それとも王者が制圧し地位を守り抜くか、試合が終わってみるまでは誰も分からない。是非会場へと足を運び、歴史を揺るがす戦いの目撃者になろう。

大晦日 タイトルマッチが好きな方はこんなチケットもおすすめ