豊田国際体操競技大会取扱中!豊田国際体操競技大会とは1970年に「中日カップ」として開催、後に一時休止期間を経て現在の名前で再開された体操の国際大会である。愛知県豊田市にて毎年12月に開催されている大会。2日間に渡り男子と女子それぞれの種目別で争われ、世界に通用する選手がトップレベルの技を披露する。これまでに日本を代表する体操選手が多数出場しており、リオ五輪で見事金メダルに輝いた内村航平、自身の名が付いた技を披露する白井健三など本大会でも多くの注目を集めている。2016年には第10回目を迎え、未だ衰えることのない国内体操競技の力強さを見せつけた。もちろん生での観戦も可能で、より近くで世界レベルの競技を堪能することができる。本大会で次なるスターが発掘されるかもしれない。

豊田国際体操競技大会

65人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

豊田国際体操競技大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 12:00更新)

豊田国際体操競技大会について

豊田国際体操競技大会の魅力とは

豊田国際体操競技大会とは愛知県豊田市で毎年12月に開催されている体操の国際大会。内村航平、白井健三など話題の選手が出場するハイレベルな大会で、毎年世界レベルの戦いを見ることができると注目を集めている。第10回目となる2016年の大会では男子床運動にて白井健三が前年度から引き続き優勝、2年連続優勝を決めるなど話題となる。金メダリストの内村航平はケガのため欠場となるも、周りの国内選手の活躍が目立ち日本勢の力強さを見せている。2017年で第11回目となる大会だが、元となる大会に1970年に開催された「中日カップ名古屋国際体操競技選手権大会」が存在しており2004年までその名で開催されていた。それから3年の年月を経て再開、現在のタイトルに変え会場も名古屋市から豊田市へと変更している。行われる競技は男子からはゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒。女子からは跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかとなっている。毎年熾烈な争いを見せる大会で、常に新しい選手が活躍を光らせる。そして白井健三の魅せるH難度の技「シライ3」など年々技の完成度やオリジナリティなどが向上、新しい風が吹き荒れる大会である。今大会はもちろん今後のための大会でもあり選手にもファンにも大事な瞬間となっている。

豊田国際体操競技大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ