新国立劇場で「日本の演劇がどのように西洋演劇と出会い進化してきたか」をテーマに上演される「JAPAN MEETS-現代劇の系譜をひもとく-」シリーズ。第11弾となる今回は、1939年に米ニューヨークで発表され、ニューヨーク劇評家賞など数々の賞を受賞し、現在も私達に人間の温かみを伝え続けるウィリアム・サローヤンの代表戯曲「君が人生の時」が上演される。主演を務めるのはジャニーズの人気グループ「V6」のリーダー坂本昌行。アイドル活動を続けながらも、着実にミュージカル俳優へのキャリアを磨き続ける坂本だが、今作は難解な表現が多く、真価が問われる。ぜひ劇場に赴き、歴史に残る代表作を堪能してほしい。

君が人生の時の日程

522人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

君が人生の時の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

君が人生の時のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 06:00更新)

「君が人生の時」について

「君が人生の時」の魅力とは

第11弾目となる「JAPAN MEETS-現代劇の系譜をひもとく-」だが、今回はニューヨーク劇作家賞とピュリッツァー賞などを受賞したウィリアム・サローヤンの代表作「君が人生の時」が、2017年6月から新国立劇場で上演される。演出には宮田慶子演劇芸術監督、翻訳には「星ノ数ホド」の翻訳で、小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞した浦辺千鶴をようし、日本の近代演劇に大きな影響を与えた海外戯曲が現代によみがえる。

この作品では、サンフランシスコの波止場の外れにある、安っぽいショーを見せるニックが経営する酒場を舞台に、戦争の影が忍び寄る時代の中、社会の周辺で生活を送り、逆境の中でも誠実であろうとする人々の健気な姿を写しながら、人間という存在への絶対的な信頼感と優しい眼差しを持って描かれている。
物語の軸を担う美男子ジョオを演ずるのは、ジャニーズの人気グループ「V6」のリーダー坂本昌行。近年ミュージカル作品への出演も多く、今作への期待も大きい。また、坂本をはじめ、出演者陣には野々すみ花、丸山智己、橋本 淳らなど、そうそうたる顔ぶれである。

人間への温かみを伝え続けるサローヤンの名作を、ぜひ日本の劇場で体感してみてはいかがだろうか。

君が人生の時が好きな方はこんなチケットもおすすめ