外山啓介とは北海道出身のピアニスト。2004年、国内でも有数の伝統的コンクールである第73回日本音楽コンクールピアノ部門にて見事1位を飾る。かねてよりその腕は確かな物で、1996年の日本ピアノ教育連盟オーディション入選から数々の賞を受賞している。その活躍は国内外問わず、ドイツ・ライプツィヒのフェスに参加するなど多彩な活躍を見せる。東京芸術大学卒業後にはCDリリースを果たすなど着実に世界的ピアニストへの階段を登っている。その後も自身のコンサートやテレビ出演、映画の主題歌を手掛けるなど活動の幅広さはまさに彼の人気の証拠でありその実力も確かである。日本国内のみならず海外公演も定期的に行い、彼の繊細で力強い演奏にファンは魅了されている。

外山啓介の日程

33人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

外山啓介のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 06:00更新)

外山啓介について

外山啓介の魅力とは

外山啓介とは幼くして才能を発揮させた国内屈指の実力派ピアニストである。5歳という若さでピアノに触れすぐに才能は開花。1999年、日本最大規模のコンクールである第20回ピティナピアノコンペティションにて金賞を受賞。その2年後には海外での演奏に参加するなど若くしてその才能を知らしめてきた。学生時代にもいくつかの賞を受賞、2004年の第73回日本音楽コンクールピアノ部門では1位に選ばれ、同時に増沢賞、井口賞、野村賞、河合賞そして聴衆賞の計6つの賞を受賞する快挙を成し遂げる。ピアノの道を極めるため東京藝術大学へと進学。その後同大学大学院へと進んでいる。ドイツへの留学経験もあり、国内では感じ取ることのできない風を感じ自身のさらなるピアノの実力を伸ばしている。2007年にはデビューアルバムをリリース。さらにリサイタルデビューも果たし幼い頃から培ったピアノの腕前をファンに存分に発揮している。この頃から若手ピアニストとしては異例の活躍を見せていたと話題になり、同時にその腕前に魅了される人も多かった。アルバムリリースにコンサートと精力的な活動を展開、2011年には自身のベストアルバムを発売するなど人気が衰えることはない。その実力はトップレベルへと登りつめ、洗足学園音楽大学で講師を務めるなど若手の育成にも動いている。

外山啓介が好きな方はこんなチケットもおすすめ