「土佐堀川 近代ニッポン」とは、古川智映子の小説「土佐堀川 女実業家・広岡浅子の生涯」を舞台化した作品である。2015年下半期放送のNHK連続テレビ小説「あさが来た」でテレビドラマ化された。放送期間の平均視聴率は23%を超え、今世紀としては最高の視聴率を記録している。これがきっかけで明治を代表する女実業家・広岡浅子の名が知れ渡ったはずだ。舞台では、その広岡浅子役を高畑淳子が演じることに。高畑淳子は舞台はもちろん、映画、テレビドラマ、バラエティなどオールマイティにこなしている。吹き替えや声優もこなしており活動の場は限りなく広い。その他のキャストは、赤井英和、田山涼成、小松政夫、三倉茉奈など。また矢部太郎、芋洗坂係長と個性あふれるキャストも楽しみの一つとなりそうだ。

土佐堀川 近代ニッポンの日程

116人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

土佐堀川 近代ニッポンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

土佐堀川 近代ニッポンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

土佐堀川 近代ニッポンについて

土佐堀川 近代ニッポンの魅力とは

土佐堀川 近代ニッポンとは、古川智映子の小説「土佐堀川 女実業家・広岡浅子の生涯」を舞台化した作品である。

広岡浅子が生まれたのは、江戸後期の嘉永2年。京都油小路通出水の小石川三井家に4女として誕生した。伝統ある豪商の三井家の娘らしく幼い頃から生け花・琴などお嬢様的な教育を受けていた。しかし当の本人はお転婆なこともあり居心地がよくなく彼女が興味を持つことといえば体を動かすことと男兄弟がやっていた学問であった。しかし、当時の女子には学問は不要とされる時代。両親から読書を禁じられた浅子は、強い不満を抱え、庄家の慣習とは何か女として何をするべきなのかと後の人生を動かす原動力となる。浅子が17歳の時兼ねてからの約束であった加島屋の当主の次男、広岡信五郎と結婚。嫁いだ鹿島屋では業務は番頭や手代に任せで主人はのんびりしてる始末、見かねた浅子は自分が何とかしなければいけないと思い、女性実業家として目覚めていくのであった。

また浅子は実業家でもあるが、女性の地位を向上させるための運動も積極的に行い、1901年日本女子大学校の開校に携わり、女子高等教育の基礎つくりを成し遂げた。そんな彼女の生き様を描いた舞台「土佐堀川 近代ニッポン」。観劇してみる価値は十分にあるだろう。

土佐堀川 近代ニッポンが好きな方はこんなチケットもおすすめ