魍魎祭 ゾクッ!新曲だらけの大忘年会取扱中!鳥居みゆきは、秋田県生まれ埼玉県育ちのお笑い芸人・女優・小説家である。中高生の頃は真面目で物静かな文学少女であったが、ヴェルナー・ヘルツォークの映画に衝撃を受け漠然とだが劇団に入りたいとは思っていたそうだ。2007年カンニング竹山が進行していたGyaOのネット番組「カンニングの恋愛中毒」に出演し注目を浴びる。2008年R-1ぐらんぷりに初出場ながらファイナリストまで進出し6位、翌年もファイナリストまでコマを進めるが8位に終わっている。2010年東京ガールズコレクションやイトーヨーカドーのモデルとしてファッションショーに出演。2015年にはDraft Kingの「贈る言葉」のMV初監督を務めマルチな才能を発揮している。

魍魎祭 ゾクッ!新曲だらけの大忘年会

74人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鳥居みゆきの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鳥居みゆきのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

鳥居みゆきについて

鳥居みゆきの魅力とは

鳥居みゆき、秋田県生まれ埼玉県育ちのお笑い芸人・女優・小説家である。彼女はピン芸人ではあるが過去には、2人コントの「ラモンズスクイット」「鳥居ペイジ」、2人漫才の「平和宣言」「大型連休」、4人コントの「ブ江ノスアイレス」と各々短期間ではあるが活動していた。コントであっても独特な世界を表現する彼女は、言葉遊びや時事ネタを取り入れたり、死や生をテーマに描いたりとマニアックなファンが多い事でも有名である。2009年には小説家としてもデビューしており「夜にはずっと深い夜を」では、異彩を放つ鳥居みゆきだから描けるダークな作品となっている。2作目として「余った傘はありません」も発表されている。女優としてもテレビドラマや映画・舞台など表現者としても大いに活躍している。2013年からは劇団「東京ギロティン倶楽部」の中心メンバーとしても活動を開始。第1回公演「東京奇人博覧会」では、原作・主演を彼女が請け負っている。2015年には第2回公演として「幸福論」を上演。次回作もとても期待できるだろう。その他主な代表作は「臨死!!江古田ちゃん」「アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!」「非女子図鑑」舞台「女王と呼ばれた女」等々。今後もお笑い芸人としてだけではなくマルチな活躍をする彼女に期待したい。

鳥居みゆきが好きな方はこんなチケットもおすすめ