とりあえず、お父さん」は、イギリスの国民的喜劇作家であるアラン・エイクボーンが、1965年に発売した4人芝居(原題:「Relatively Speaking」)。アラン・エイクボーンの作品は30カ国以上で翻訳され、世界中で愛されているが、その中で最初の大ヒットとなったのが、「とりあえず、お父さん」である。このコメディ作品「とりあえず、お父さん」に挑むのは、日本演劇界の誇る実力派である藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明の4人。演出は東京乾電池の結成メンバーで、翻訳コメディの演出家としても高い評価を受けている綾田俊樹。天王洲 銀河劇場での上演にはじまり、2016年には富山、福岡、大阪、愛知の各地での公演も予定されている。実力派俳優による傑作コメディ「とりあえず、お父さん」は必見だ。

とりあえず、お父さんの日程

152人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

とりあえず、お父さんの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

とりあえず、お父さんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

とりあえず、お父さんについて

「とりあえず、お父さん」は、2015年12月から天王洲 銀河劇場で上演されるコメディ作品。イギリスの国民的喜劇作家であるアラン・エイクボーンが1965年に発売した4人芝居(原題:「Relatively Speaking」)。30カ国以上で翻訳され、世界中で愛されているアラン・エイクボーンの作品のなかで、最初に大ヒットになったのがこの「とりあえず、お父さん」なのだ。

この名作喜劇「とりあえず、お父さん」に挑むのは、実力・知名度ともに日本演劇界の誇る俳優である、藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明の4人。グレッグとジニィという結婚を考えているカップルを藤原竜也、本仮屋ユイカが演じる。かつてジニィが交際していた年上男性フィリップを柄本明、その妻シーラを浅野ゆう子が演じる。この2組のカップルの巻き起こす騒動に注目。彼女の両親に会いに行こうとしたグレッグが、ひょんなことからフィリップをジニィの父親と勘違いしてしまうことからどんどん話はややこしくなってしまう…というストーリー。

今回演出を務めるのは、東京乾電池の結成メンバーで、翻訳コメディの演出家としても高い評価を受けている綾田俊樹。 「とりあえず、お父さん」は2016年には富山、福岡、大阪、愛知の各地での公演も予定されている。人気俳優陣の舞台作品であるため、チケットは入手困難と言われている。

とりあえず、お父さんが好きな方はこんなチケットもおすすめ