異才たちのピアニズム取扱中!トッパンホールとは2000年に開館した東京都に存在するイベントホール。1900年に設立された凸版印刷株式会社により、クラシック音楽をはじめ様々なイベント、企画を催すためにと建てられた会場である。2000年には創業100周年となる凸版印刷、それを記念し、さらにそれを機に更なる発展と地域貢献を目指し創設。日本だけでなく世界的な文化として根付いている音楽を中心に趣向を凝らしたイベントを企画している。その中でも特にクラシックに大きく力を注いでおり、2017年にも様々な分野のスペシャリストが来日し演奏を披露する。年の初めには「ニューイヤーコンサート」と称した特別プランを用意し、新しい1年の門出と景気づけを行う。既に半年以上先までスケジュールが組まれており、近隣地域の人はもちろん遠方からもファンを集める会場として存在している。

異才たちのピアニズム

16人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

トッパンホールの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

トッパンホールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 12:00更新)

トッパンホールについて

トッパンホールの魅力とは

トッパンホールとは創立100周年を記念した凸版印刷株式会社により建てられたクラシック音楽のコンサートを中心にイベントが開催されるコンサートホール。日本だけでなく世界中の人にも楽しんでもらえるようにと「音楽」に力を注いでおり、2000年の開館から様々な世界的アーティストが会場へと姿を披露してきた。元々の会社が紙などを媒体とした印刷というジャンルで様々な展開を見せる会社であり、業界でもトップクラスの技を発揮してきた。2000年の本ホール開場の際には同時に「印刷博物館」という場所もオープン、日本発となる博物館で本格的な2つのジャンルを世に放ってきた。2017年の秋にはヴァイオリニストのヴェロニカ・エーベルレ、2018年にはチェロ奏者のピーター・ウィスペルウェイ、クラリネット奏者のイェルク・ヴィトマンらが来日。世界に轟く演奏をここトッパンホールから発信する。2018年の本ホールの目玉は何といっても「無伴奏」による演奏。アーティストの腕が試される演奏方法で、ストレートに観客へと響く音はまさに体感するコンサートとなるだろう。世界的なアーティストと本格的な演奏、そしてホールとしての完成度の高さと全てが一流のコンサートファンも納得のコンサートが行われる会場だ。

トッパンホールが好きな方はこんなチケットもおすすめ