東京2020オリンピックは、2020年(平成32年)7月24日から8月9日まで日本の東京都で開催される第三十二回夏季オリンピックです。東京では1964年開催から実に56年ぶりに開催されるオリンピックです。同一都市で開催されるのはアジア初となります。オリンピックとは国際オリンピック委員会が主催し、1924年から4年に一度、世界各地の開催地を回り行なわれるスポーツの祭典。世界205ヶ国・地域のNOCからトップアスリートが集い競うこの大会は全世界から注目され人気を集めています。国内ではそのシンボルマークから五輪(ごりん)とも呼ばれ多くのファンを楽しませます。都内近郊では、オリンピックのために数多くのスポーツ施設が新設されたり、スポーツそのものへの関心が高まることでしょう。また、大会コンセプトとして「コンパクトな大会」であることを掲げており、観戦者にとっては色々な会場を回りやすいことが想定されます。移動時間やアクセスの良さは期待できるでしょう。また、東京2020オリンピックではサッカーやゴルフ、射撃は東京都以外の会場も使用され、なかでも宮城スタジアムは震災復興の象徴として世界にアピールすることとなります。

東京2020オリンピックの日程

491人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京2020オリンピック について

東京2020オリンピック の魅力とは

東京2020オリンピックでは多くの競技で日本選手の活躍が期待できるだろう。まず、陸上競技界で話題の桐生祥秀選手は有望な若手として外すことができない。桐生祥秀選手は、日本人では不可能だといわれ続けてきた陸上男子100メートルで日本人初の9秒台を狙える選手である。

サッカーでは、10歳で名門バルセロナに入団した久保建英君と9歳で同じく名門レアルマドリードと契約した中井卓大君に期待がかかる。久保建英君はスペイン国内のリーグ戦で、驚くべき成績を残しており、このままいけば、バロンドールも夢ではない逸材。2020年の時には、19歳になっているので、オリンピック日本代表としてピッチを走り回っているだろう。中井卓大君はこれからスペインでの活躍が期待されており、抜群のサッカーセンスと高度な技術を兼ね備えている。東京オリンピックで出場ということであれば、16歳という年齢での出場となるが、現時点ではその可能性が高いといっていいだろう。

水泳では、瀬戸大也選手、萩野公介選手、山口観弘選手が東京オリンピックで活躍してくれる。この3選手はまだ若いので、2020年にピークをむかえ、最高のパフォーマンスを披露してくれるはずだ。

東京2020オリンピックが好きな方はこんなチケットもおすすめ