ファンタジックなクリスマス取扱中!東京ヴィヴァルディ合奏団は1961年に設立された日本を代表する室内合奏団である。東京藝術大学の出身者を中心に結成された東京ヴィヴァルディ合奏団。1985年からは東京藝術大学講師で、東京藝術大学フィルハーモニアの首席チェリストである渡部 宏を中心にメンバーを一新。男性奏者のみの編成でイタリアンバロックサウンドを充実させていった。ヴィヴァルディの作品紹介を軸としながらも古典や近現代の作品に至るまで幅広いレパートリーを持っている。弦楽五部とチェンバロの12名の編成で指揮を置かないスタイルが特徴。そのダイナミックで重厚な演奏は非常に高い評価を獲得している。2016年は創立55周年を迎え、今後の益々の活躍に期待が寄せられている。

ファンタジックなクリスマス

9人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京ヴィヴァルディ合奏団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 12:00更新)

東京ヴィヴァルディ合奏団について

東京ヴィヴァルディ合奏団の魅力とは

1961年に設立された日本を代表する室内合奏団 東京ヴィヴァルディ合奏。東京藝術大学の出身者を中心に結成された東京ヴィヴァルディ合奏団。1985年からは東京藝術大学講師で、東京藝術大学フィルハーモニアの首席チェリストである渡部 宏を中心にメンバーを一新。この渡部 宏は現在も東京ヴィヴァルディ合奏団にて音楽監督を務めている。弦楽五部とチェンバロの12名の編成で指揮を置かないスタイルが特徴。そのダイナミックで重厚な演奏は非常に高い評価を獲得している。これまでにピーナ・カルミレッリ、アンドレア・グリミネッリ、ミカラ・ペトリ、イョラン・セルシェルなど海外から著名なソリストを迎えており、国内の一流奏者とも共演。正統派でありながも常に挑戦する姿勢はファンからの熱い支持を集めている。

春と秋には定期演奏会を開催し、年明けにはニューイヤーコンサート「新春は四季を聴きたい」、クリスマスには「ファンタジックなクリスマス」などの年間スケジュールを持っている。創立55周年を迎えた2016年もこれは健在で「第17回ファンタジックなクリスマス 真冬のヒカリ」、2017年にも第30回記念「新春は四季を聴きたい」を実施した。

東京ヴィヴァルディ合奏団が好きな方はこんなチケットもおすすめ