東京バレエ団は東京都目黒区に本部を置くバレエ団体である。正式名称はチャイコフスキー記念東京バレエ団である。1964年チャイコフスキー記念バレエ学校が廃校になり、バレエ部門の人々を集めて佐々木忠次がこの団体を発足した。1966年にはモスクワ、レニングラードでの公演の結果、ソビエト文科省より「チャイコフスキー記念」の名称を贈られた。モーリス・ベジャール(「ザ・カブキ」「M」)、イリ・キリアン(「パーフェクト・コンセプション」)、ジョン・ノイマイヤー(「付きに寄せる七つの俳句」「時節の色」)らの現代バレエ界を代表する三大振付家によるオリジナル作品を演じ、ノイマイヤーの「ロミオとジュリエット」など数多くの古典作品も上演している。

東京バレエ団の日程

476人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京バレエ団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 06:00更新)

東京バレエ団について

東京バレエ団の魅力とは

1964年に創設し、日本のバレエ振興に大きく寄与してきた東京バレエ団。バレエカンパニーの草分け的存在として、日本国内だけではなく30ヵ国153都市のツアーを行うなど数多くの公演を行っている。古典から現代の振付家の作品まで幅広いレパートリーを誇り、ボリショイ、マリインスキー、シェフチェンコの旧ソ連の三大歌劇場をはじめ、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、そしてウィーン国立歌劇場など、ヨーロッパの伝統のある名立たる歌劇場で数多くの公演を行い、さらにアルゼンチンやブラジル、そして中国など、活動のフィールドは拡大を続けている。そして現代バレエ界を代表する三大振付家であるモーリス・ベジャール、イリ・キリアン、ジョン・ノイマイヤーが東京バレエ団の新作の振り付けを行うなど、東京バレエ団は日本の誇る世界のバレエ団として世界的に高い評価を集めている。また彼らは日本のバレエ界を担うために、講師を派遣するなど、バレエ界にも大きく貢献した。バレエを一度も見たことない人は、是非彼らのバレエを見てもらいたい。会場で彼らの動きを直接見たら、これまでに味わったことが無い感動が待っているだろう。また人気のチケットため、随時情報をチェックして欲しい。

東京バレエ団が好きな方はこんなチケットもおすすめ