徳山秀典は1999年に歌手としてデビューし、その後人気シリーズ「仮面ライダー」へと出演し歌手としても俳優としても人気を博すマルチタレント。歌手デビューは人気漫画を原作とした「幻想魔伝 最遊記」のテーマソングであり、同作には同時に声優としても出演を果たしている。2006年には平成の仮面ライダーとして人気を博す「仮面ライダーカブト」へと出演、さらに2008年には同じく東映系の特撮ドラマ「炎神戦隊ゴーオンジャー」へと出演しカメオ出演も合わせると5年連続で同系列の作品へと出演を果たす異色の俳優となる。2011年には再び歌手としてシングルを発表、俳優としての活動に加え歌手としても高い実力を発揮している。活動ジャンルに捉われることなく様々な展開を見せており、出演作品は非常に多数に上る。

徳山秀典の日程

26人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

徳山秀典の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

徳山秀典のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/22 00:00更新)

徳山秀典について

徳山秀典の魅力とは

徳山秀典とは仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズで人気を博し、様々な作品で多彩な顔を披露している俳優。2006年放送の「仮面ライダーカブト」、2007年の「仮面ライダー電王」そして2009年の仮面ライダーディケイド」へと出演しており平成の仮面ライダー作品でも高い存在感を放つ人物。加えて過去には1996年に「ビーファイターカブト」へも出演経験があり、俳優として東映制作作品とは深い繋がりを持っている。1990年代から2000年代かけて当時の人気テレビドラマへと多数出演しており、「GTO」「ヤンキー母校に帰る」「ホーリーランド」へと出演、2011年には「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス」へも出演しており若い世代を中心に幅広い層のファンを集めている。

178cmの高身長と爽やかなルックスを活かしたヒーローやイケメンキャラクターなど、女性ファンを虜にする魅力を放ち、さらに多数の作品への出演で俳優としての実力も証明している。そのルックスを活かし写真集をいくつも発表するなどファンには堪らない活動も行っている。歌手として発表される楽曲もタイアップに選ばれるなど影響力を発揮しており、非常にマルチな才能を持つ実力派イケメン俳優として注目を集める。

徳山秀典が好きな方はこんなチケットもおすすめ