桃月庵白酒とは、落語家の一人である。正確には「桃月庵白酒」という名跡であり、本名は別に存在する。1992年から活動を開始。この名を継承したのは活動から約13年経った2005年の頃である。これまでいくつかの賞を受賞しており、その実力は折り紙付き。さらにバラエティ番組への出演やCD、DVD出版そして映画への出演などその活躍は多彩である。特徴的なのはふくよかなその身体から発せられる良く通る声。心地良さを感じさせるその声で棘のあるギャグを織り交ぜるのが人気の一つ。古典的な落語を得意としている。鹿児島県出身で地元の高校から早稲田へと入学。落語研究会へと入るものの大学は中退してしまう。かつてインタビューで人間国宝になりたいと答えているが1日1日を大事に過ごすことを目標に活動を続けている。

桃月庵白酒の日程

260人が登録中

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

愛知県産業労働センター

きゅりあん(品川区立総合区民会館)他4会場

練馬区立練馬文化センター

瀬戸蔵 つばきホール

日経ホール

日本橋公会堂(日本橋劇場)

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

桃月庵白酒のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 18:00更新)

桃月庵白酒について

桃月庵白酒の魅力とは

桃月庵白酒は、鹿児島県出身の落語家である。本名は愛甲尚人。師匠は五街道雲助であり、かつて彼の芸に憧れたことから入門を決めたのだそう。桃月庵白酒の読みとしては「とうげつあん・はくしゅ」となる。学生時代は野球部に所属。その練習の内に現在の発声を得たと言っている。良く通り心地のいい声だが、学生時代はブルースに憧れわざと声が枯れるようにしたこともあった。落語家として活動を始めてからも喉に負担をかけていた。本番前の極度の緊張からたばこをストレス発散の道具に使っていた時期があった。しかし常に大きな負担がかかっていることに気付き吸うのを辞め、その結果声を出すのが楽になったという。

桃月庵白酒を名乗る前、当初は五街道はたごと名乗っていた。そこから喜助になり次の真打ちに昇進したことでこの名を襲名する。桃月庵白酒の名を継いだのはこの人物の前に2人もしくは3人と言われている。大学を中退しその年に師匠に弟子入り。同じ年、五街道はたごの名で初高座を務める。桃月庵白酒となった現在ではその独演会のチケットは入手困難とされるまでに人気となった。2010年の花形演芸大賞金賞を始めとする数々の賞を受賞しているのも実力の一つ。その落語は慣れ親しんだ人にも初心者にも広く愛されるものとなっている。

桃月庵白酒が好きな方はこんなチケットもおすすめ