「東海クラシック」は、東海テレビ放送と東海ラジオ放送主催、日本ゴルフツアー機構が主管を務めるゴルフの大会である。1970年より愛知県の三好カントリー倶楽部で毎年開催されており、当時は男子の部が西コース、女子の部が東コースでおこなわれていたが、現在も三好カントリー倶楽部でおこなわれるのは男子の部のみ。2017年における賞金総額は、男子が1億1,000万円、女子が8,000万円となっている。男子の優勝賞金は2,200万円、女子は1,440万円。男子は各日18ホールの4日間、女子は各日18ホールの3日間で熱い戦いが繰り広げられる。ゴルフ好きなら一度は実際に観ておきたい「東海クラシック」。今後も目が離せない。

東海クラシックの日程

87人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東海クラシックの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東海クラシックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 00:00更新)

「東海クラシック」について

「東海クラシック」の魅力とは

「東海クラシック」が始まった当初は、男女の部が同時におこなわれる大会だった。その後、1990年に現在の雪印メグミルクが協賛となったことで、女子の部が「雪印レディース 東海クラシック」という大会名に変更される。さらに、1994年から大会のオリジナリティを高める目的で、男女に分けて大会をおこなうようになる。また、女子の大会時期を早め、会場も三重県の涼仙ゴルフ倶楽部に変更。2007年からは、愛知県の新南愛知カントリークラブ美浜コースでおこなわれている。

男子の部でも大会名が変更されており、2001年からの「ジョージア東海クラシック」、2004年からの「コカ・コーラ東海クラシック」を経て、2014年より「トップ杯 東海クラシック」という大会名でおこなわれている。女子の大会においては、「マンシングウェアレディース 東海クラシック」となっている。

そんな「東海クラシック」の魅力は、プロゴルファーのプレイを間近で観ることができること。ずば抜けた集中力と気迫、そして1打1打の緊張感。特に、優勝者が決まる瞬間はたまらない。普段、感じることのできない体験ができる「東海クラシック」を、ぜひ会場で楽しんでみてほしい。

東海クラシックが好きな方はこんなチケットもおすすめ