2015年4月で日本デビュー10周年を迎える東方神起。2010年に一時活動停止となり、ジェジュンユチョンジュンスJYJとして新たに活動、その後約1年の休止を経て、ユノとチャンミンで新たに東方神起として再結成されカムバックを果たした。 2014年11月に発売された「Time Works Wonders」は43作目のシングルとなり、シングル総売上げ枚数が408.8万枚を超え、歴代海外アーティスト1位となった。また、海外アーティスト初の快挙となった5大ドームツアーと日産スタジアムでの単独公演を成功させたりと勢いはとまらない。 昨年行われた「東方神起LIVE TOUR 2014 〜TREE〜」では「HIDE&SEEK」「Sweat」をはじめ、ユノとチャンミンそれぞれのソロ曲、また韓国でのシングル曲「Something」「スリスリ」の日本語バージョンが披露されたりと、見所たっぷりの内容となった。再結成後から3年目のこのツアーで観客動員数200万人を突破し、海外アーティスト最速記録となった。 二人のアーティストとしての歌唱力、ダンススキルはもちろんライブのステージ演出や映像なども高く評価されている。またそのカリスマ性とは裏腹に、ライブ中にみせる愛嬌のあるトークも、東方神起ライブの見所である。 2015年2月からは全国5大ドームツアー「東方神起LIVE TOUR 2015〜WITH〜」がスタート。”東方神起とともに””東方神起の音楽とともに”という思いが込められたこのツアーで、東方神起とファンとの絆がより深まっただろう。2017年には、4月にユノが除隊、8月にチャンミンが除隊予定だ。カリスマアーティストである彼らが、音楽シーンに再びカムバックする日が待ちきれない。

東方神起の日程

15,768人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東方神起のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/26 18:00更新)

東方神起について

東方神起のコンサートの魅力は気迫みなぎるダンスパフォーマンスと類を見ないその歌唱力!

2004年の韓国デビューを皮切りに、2005年「Stay with me tonight」で日本デビュー。2010年にグループ活動停止され、その後2011年にユノとチャンミンで再結成されるも、人気は後を絶たない。韓国や日本にとどまらず、各国で活躍するアジアを代表する東方神起だが、それでいてこちらが恐縮するほど腰が低く謙虚である。流暢な日本語を操りながら、一言一句、丁寧にインタビューに答える姿にはビッグアーティストには不釣り合いな初々しさすら漂っている。

しかしステージに立った瞬間に東方神起のもつ雰囲気は一転する。気迫みなぎるダンスパフォーマンスと類を見せないその歌唱力。東方神起のライブではそんなストイックかつ完璧主義な東方神起の魅力をあますことなく堪能できる。

一秒のズレが怪我につながるとまで言われる、驚異のダンスパフォーマンスの最中には息を乱すことすらなかった東方神起が、MCになると途端に無防備な笑顔を見せ、流行りのギャグやモノマネを披露する。ステージ中には見せないその愛嬌さが女性の心を「キュン」とさせる。しかし最近では女性のファンだけでなく、男性のファンも後を絶たないようだ。

東方神起のライブチケットは一般発売では30秒で完売してしまうほどで、日本でも絶大な人気を示していることがわかる。

東方神起が好きな方はこんなチケットもおすすめ