東儀秀樹は、作曲も手がける雅楽師である。生年月日は1959年10月12日で、東京都出身である。奈良時代から凡そ1,300年続く楽家の家系に生まれたが、成蹊高等学校卒業まではロック、クラシック、ジャズ等を聴きながら育った。その後、宮内庁式部職楽部で雅楽を学び、主に篳篥(ひちりき)と呼ばれる縦笛を担当しながら、宮内庁の楽師として活動していた。その一方で、雅楽をベースにピアノやドラムス、ギターなどを独自にミックスした作曲で注目を集め、1996年にアルバム「東儀秀樹」でデビューし一躍脚光を浴びた。それ以降は次々と作曲活動を行いアルバムを発表し、2000年には「TOGISM2」で日本レコード大賞企画賞を受賞した。

東儀秀樹の日程

75人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東儀秀樹のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 06:00更新)

東儀秀樹について

東儀秀樹の魅力とは

東儀秀樹は、1959年10月12日生まれの雅楽師である。幼少期は海外で生活しており、ロックやポップス、ジャズと言った現代音楽の影響を受け、成蹊高等学校時代には友達とロックバンドを組みエレキギターをかき鳴らしていた。高校卒業を前に、母から「音楽の世界に入るのであれば、凡そ1,300年続く楽家の家系として雅楽をやってみては」と提案を受け、宮内庁式部職楽部へ入庁した。篳篥(ひちりき)と呼ばれる縦笛の腕前を上げ、宮中儀式や雅楽演奏会などに出演する他、海外での公演にも参加し日本の伝統文化を世界に広めていた。その傍ら、現代音楽と雅楽の融合の可能性を追い続けており、独自の世界観を組み込んだ作曲活動も行うようになっていた。

それが評価されたのが、1996年のデビューアルバム「東儀秀樹」であり、この成功をきっかけに宮内庁の楽師としてだけではなく、日本を代表する雅楽師で日本の古典音楽を次世代に継承するアーティストへ変貌して行った。テレビドラマやCM、映画などへの楽曲提供はもとより、自ら俳優として歴史ドラマの中で篳篥を演奏したり、現代ドラマに出演するなどマルチに活躍している。2004年には古典芸能への貢献が讃えられ、文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞している。

東儀秀樹が好きな方はこんなチケットもおすすめ