戸川純とは舞台への出演を経て1982年にテレビドラマへと出演、その後女優そして歌手としても活動を行うアーティストである。初のレギュラー出演となったドラマ「刑事ヨロシク」を機にその後CMへと出演すると一躍人気女優として知名度を拡大、同年に音楽ユニット「ゲルニカ」のボーカルとして歌手デビューを果たす。1980年代はまさに彼女の人気を表す時代となり、1984年には国民的バラエティ番組「笑っていいとも!」へと出演、その頃からバラエティ番組への出演も増えタレントとしての人気も獲得することになる。タレントとしての活動が増え、世間的には変わり者というイメージが付き始めるも彼女の活動が止まることはなく2014年には新たに音楽ユニット「Vampillia」へと参加。常に新しい新しい展開を視野に入れ、積極的なアーティスト活動を行っている人物である。

戸川純の日程

95人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

戸川純のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 06:00更新)

戸川純について

戸川純の魅力とは

戸川純とは女優、歌手として活躍し1980年代を代表する存在となるマルチタレント。1982年のドラマ「刑事ヨロシク」へと出演、その直後のCM出演で爆発的な人気を獲得し歌手、バラエティ出演と異色の活躍ぶりを発揮する。
テレビドラマでは風変わりなキャラクターを演じ、個性派女優としての地位を確立させる。その一方で「男はつらいよ」などの人気作への出演も重ね幅広い役柄への対応を見せる。1980年代は個性派人気タレントとして有り余る存在感を放っていたが、1990年代に入るとその多忙ぶりから人間関係の悪化が垣間見え、遂に自殺未遂を起こしてしまう。一時マスコミや世間を騒がせることになるもその後も引き続き活動を続け、2006年には過去の作品の復刻版が発表される。2000年以降は以前のようにテレビへと出演する機会は減るものの、ラジオ番組への出演や新たな音楽活動、2009年には小説執筆を開始するなどこれまでとは違った姿を見せている。
アーティストとしての活動は後世に残る存在であり、2010年の映画「名前のない女たち」、2012年の映画「ヘルタースケルター」などで自身の楽曲が使用されている。多方面へと影響を与えてきた人物で、当時の変わり者は現在では伝説へと称えられている。

戸川純が好きな方はこんなチケットもおすすめ