飛生キャンプ(TOBIU CAMP)は飛生アートコミュニティーという旧飛生小学校の校舎と「創造の森」と呼ばれる周囲の森を舞台に音楽やダンス、演劇などを楽しむイベントである。飛生の森づくりプロジェクトと共に、2011年にスタート。人が立ち入ることも難しかった森を有志の手により、少しずつ切り開いて来た。このような性質から飛生アートコミュニティーと飛生キャンプの環境は、一般的なキャンプ場とは違い、全て完備された人工物とは一線を画している。最低限のアイテムは持参し、各自の責任下の元に野外キャンプをする。これが飛生キャンプ最大の特徴とも言える。飛生キャンプは、ありのままの自然と触れ合いながら至る所に設置されたアートを楽しむイベントだ。

飛生キャンプの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

飛生キャンプの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

飛生キャンプのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 06:00更新)

飛生キャンプについて

飛生キャンプの魅力とは

飛生アートコミュニティーという旧飛生小学校の校舎と「創造の森」と呼ばれる周囲の森を舞台に音楽やダンス、演劇などを楽しむイベント、飛生キャンプ(TOBIU CAMP)。
飛生の森づくりプロジェクトと共に、2011年からスタートした。人が立ち入ることも難しかった森を有志の手により、少しずつ切り開き、ステージなどを設置。このような性質から飛生アートコミュニティーと飛生キャンプの環境は、一般的なキャンプ場とは違い、全て完備された人工物とは一線を画している。
最低限のアイテムは持参し、各自の責任下の元に野外キャンプをする。これが飛生キャンプ最大の特徴とも言える。しかしキャンプ初心者などは周辺の宿泊施設の利用も可能だ。

木々の間から覗く星空や虫の鳴き声、ありのままの自然と触れ合いながら至る所に設置されたアートを楽しむことができる。
参加アーティストはアイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループMAREWREW。日本を代表する美術家の1人奈良美智。2016年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞し数多くのアートイベントに参加する日比野克彦。
マリオネットの人形劇団、おたのしみ劇場ガウチョス。飛生キャンプには連続出場しているバンド、テニスコーツなど様々なジャンルから数多くのアーティスト達が参加している。

飛生キャンプが好きな方はこんなチケットもおすすめ