Tobias Jesso Jr.(トバイアス・ジェッソ・jr)は、1985年生まれ、カナダ・バンクーバー出身のシンガーソングライター。 あのグラミー賞受賞歌手アデルが、自身のTwitterで「ファンタステック」という言葉と共にTobias Jesso Jr.の音楽を紹介したことから一気に話題の人となり、現在2015年期待の新人SSWとしてメディアで数多く特集されている。 デビューは、元ガールズのチェット"JR"ホワイトにデモ音源を送ったところから始まるのだが、送ってからわずか数時間足らずで返信があると、その後すぐにサンフランシスコでレコーディングが始まり、最終的にTrue Panther Recordsと契約を結ぶに至った。 そして2015年4月にリリースされたデビューアルバム「グーン」は、アリエル・レヒトシェイドがプロデュースを担当し、ザ・ブラック・キーズのパトリック・カーニーやハイムのダニエル・ハイムらが出演するという豪華な布陣で制作が行われている。 そのデビューアルバムは、失恋や家族の病気について書かれた悲しい歌詞が多いのだが、そういう辛さを柔らかく普遍的なメロディーで心地よさに変えてくれるような「ほっとする」空間がそこにあり、Tobias Jesso Jr.の質の良い音楽にじわじわと人気が加速している。

Tobias Jesso Jr.の日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Tobias Jesso Jr.(トバイアス・ジェッソ・jr)について

Tobias Jesso Jr.(トバイアス・ジェッソ・jr)は、カナダ・バンクーバー出身のシンガーソングライターである。 デビューまでの経緯は、「超速」という言葉が一番ぴったり当てはまるだろう。まずガールズのファンであったことから元ガールズのチェット"JR"ホワイトにデモ音源を送るのだが、送ってからわずか数時間足らずで返信があり、その後すぐサンフランシスコでレコーディングをスタート、そしてTrue Panther Recordsと契約を結ぶに至っており、それこそ「とんとん拍子」でデビューをつかみ取った稀に見る逸材である。 その後ヴァンパイア・ウィークエンドの最新作「モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ」を手がけたアリエル・レヒトシェイドがプロデュースしたデビューアルバム「グーン」を2015年4月にリリース。

70年代のポップスを彷彿とさせるような甘く心地よいサウンドが魅力のTobias Jesso Jr.だが、グラミー賞受賞歌手アデルも自身のTwitterで「ファンタステックだわ」という言葉をつけTobias Jesso Jr.の音楽を紹介しており、現在2015年期待の新人SSWとして各方面で特集されている。

Tobias Jesso Jr.が好きな方はこんなチケットもおすすめ