東京国立博物館(東博)は、1872年に文部省博物局が湯島聖堂大成殿において最初の博覧会を開催したときに創設された日本最古の博物館だ。現在は、東京都台東区の上野恩賜公園内にあり、本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館、黒田記念館の6つの展示館には約11万6000件の美術作品と考古遺物を収蔵し、その中には国宝87件と重要文化財634件が含まれている。館内では総合文化展や特別展をはじめ様々な企画イベントが開催されている。10年に1回の頻度で開催される「日本国宝展」は、日本文化の粋が集結する展覧会として、毎回長蛇の行列になるほどの人気を集めている。体験プログラムやコンサートなども開催されており、日本文化の伝統に触れることができるスポットとして日本だけでなく訪日外国人客もたくさん訪れている。

東京国立博物館(東博)の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京国立博物館とは

日本文化の宝庫、東京国立博物館(東博)の魅力とは

日本最古の博物館として日本のみならず世界でも有名な東京国立博物館は、1872年に文部省博物局が湯島聖堂大成殿において最初の博覧会を開催したときに創設された。上野恩賜公園内の広大な敷地にある建物には、本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館、黒田記念館の6つの展示館のほか資料館や茶室などもあり、一度は訪れてみたいスポットだ。国宝87件と重要文化財634件をはじめ、数多くの収蔵品を保管し、展示・修復を行っている。テーマを設けて年間3~5回程度開催される「特別展」や常時2000~3000件が展示されている「総合文化展」のほか、法隆寺宝物館では法隆寺から皇室に献納された宝物300件あまりが収蔵・展示されている。また、資料館には豊富な博物・美術資料が揃っており、調べものや論文などの資料として活用されている。
10年に1回しか開催されない「日本国宝展」は特に評価が高く、「阿弥陀聖衆来迎図」「鳥毛立女屛風」などの貴重な作品や正倉院宝物などが出品されて大人気となった。2012年には、開館140周年を記念した公式キャラクター「トーハクくん」と「ユリノキちゃん」が誕生し、2016年から「広報大使」に就任し活躍している。長い歴史を経て文化的価値を今日に引き継いできた日本文化の宝庫・東京国立博物館にぜひ足を運んでいただきたい。

東京国立博物館(東博)が好きな方はこんなチケットもおすすめ