TMネットワークは1984年のデビュー当初、シンセサイザー主体のニューロマンティックやテクノポップ等それまで日本のシーンにない音楽を発表、その後も様々な音楽性を模索。1987年「Get Wild」のブレイク。1990年「TMN」としてリニューアルし、ハードロックやハウス等アルバム毎に変化した。1994年活動終了。1999年「TM NETWORK」として活動を再開。常にその時代の音楽性を進化させた挑戦をしている。

TM NETWORK (TMN)の日程

421人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

TM NETWORKのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 12:00更新)

TM NETWORK (TMN)について

TM NETWORKのライブの魅力を徹底紹介

TM NETWORKは、小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の3人で構成されている音楽ユニットで、1990年には、名義を「TMN」に名義を変え、その後、メジャーデビュー10年目で活動に対し、「終了宣言」をしました。最後のライブとなる「TMN 4001 DAYS GROOVE」をもって全ての音楽活動を終了としましたが、その後、1999年には再びTM NETWORKとして活動を再開しています。

TM NETWORKは、シングルとアルバムの売上げ総数が1,600万枚を突破していると言われていますが、TM NETWORKの最大の魅力は、誰もが気軽に楽しめる音と言えます。1980年代末からシンセサイザーなどを取り入れ、楽曲制作にはハードディスクレコーディングを取り入れる事で、TMNのヒット曲「Get Wild」のような誰もが軽くリズムに乗れるような楽曲を作り出しました。

2012年3月には、東日本大震災復興支援チャリティコンサートで、プリンセス・プリンセスや米米CLUBと共に声がかかり、TM NETWORKは約4年ぶりに3人で音楽活動を再開しました。その際、小室氏は「これをきっかけに単独でライブをやると思う」とコメントしており、実際にその後4月24日・25日には、日本武道館コンサートが行われ、昔からのたくさんのファンがチケットを買い求めました。TM NETWORKの楽曲を聞けば、青春時代を自然に思い出すという人はたくさんいると思うので、ライブ開催の際には、またチケットが人気になると思います。

TM NETWORK (TMN)が好きな方はこんなチケットもおすすめ